NEC、高速フルバックアップ機能を利用できるストレージを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、高速フルバックアップ機能を利用できるストレージを発売


掲載日:2015/09/28


News

 日本電気株式会社(NEC)は、複数拠点の集約を容易に行なえる“クラウドバックアップソリューション”や、大容量データのフルバックアップを高速化できる“高速フルバックアップソリューション”を構築する機能を搭載した「iStorage HS」シリーズ(HYDRAstor)の新製品の出荷を10月30日に開始する。

 今回出荷されるのは、従来機比で処理性能2倍、最大構成時容量2.8倍の「iStorage HS8」と、従来機比で処理性能を1.5倍に向上させた「iStorage HS3」。バックアップデータ転送前重複排除や自動差分データ転送機能を備え、バックアップの集約化・簡素化を図ることで高速なバックアップ運用を図れる。

 複数拠点からのバックアップを1ヵ所に集約できるバックアップシステムを、プライベートクラウド型で構築する際に適したソフトウェアオプション“High Speed Data Transfer option”を備え、バックアップサーバ側で重複排除を行ない、「iStorage HS」シリーズ専用の高速な通信方式を活用することで、回線コストやバックアップする際の時間を削減したクラウドバックアップ運用を図れる。

 また、Symantecのバックアップソフトウェア「NetBackup」と「iStorage HS」シリーズを連携させる高速フルバックアップソリューション向けソフトウェアオプション“Open Storage Suite Option”が用意されている。従来のフルバックアップ運用を変更せずに、初回のフルバックアップ以降は、自動で差分データのみを転送し、「iStorage HS」シリーズ内でフルバックアップを自動合成することで、高速なバックアップ運用を図れる。

 「iStorage HS8-50」は、通信・データ圧縮処理機能とデータ保管機能を搭載した“ハイブリッドノード”の処理性能が従来機比2倍に向上しているほか、NECのグリッド・ストレージ技術を活用して、データ保管機能に特化した“ストレージノード”とあわせて、最小1ノードから最大165ノードまで拡張でき、最大構成時に従来機比2.8倍の論理容量103PB(物理容量7.9PB)を備えられる。また、複数のノードに分散してデータを保存することで多重障害に備える“分散冗長配置技術”も搭載し、基幹システムやビッグデータを活用するために長期保管が求められるシステムに適している。

 「iStorage HS3-50」は、1ノード構成でコストを抑えて導入できるシングルノードモデルで、従来機比で処理性能が1.5倍に向上している。


出荷日・発売日 2015年10月30日 出荷
価格 お問い合せ下さい

「日本電気」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか? 【Veeam Software japan】 そのバックアップ、ランサムウェア対策になっていますか? 【アクロニス・ジャパン】 クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ 【CommVault Systems Japan】 統合バックアップソリューション 「Backup Exec」 【ベリタステクノロジーズ】 仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
データセンター投資の理想と現実 ギャップを埋めるにはどうすればいいか ランサムウェアは対岸の火事ではない。国内でも多くの企業が被害に遭い、一時的に事業を停止せざるを得ない状況に追いこまれた。重要なのは「やられる前」の体制作りだ。 クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ 幅広いプラットフォームとアプリケーションに対応する統合バックアップソリューション。台数ベースライセンスのほか、容量課金、仮想環境向けソケット課金にも対応。 稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063949


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ