インヴェンティット、スマートデバイス向け遠隔管理の新版を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


インヴェンティット、スマートデバイス向け遠隔管理の新版を提供


掲載日:2015/09/24


News

 インヴェンティット株式会社は、スマートデバイス向け遠隔管理ソリューション「MobiConnect for Business」の新バージョン「バージョン21」をリリースした。

 今回の新バージョンでは、iOS向けの監視機能が強化された。業務で必要とされるアプリケーションがインストールされていない端末に対して、アプリケーションを自動的に配信できる(別途mobiAppsオプションの申込みが必要)。アプリケーションを利用者が誤って削除した場合に、管理者が手動でアプリケーションを再配信することが不要になり、運用の負担を軽減できる。また、監視モードに設定されたiOS端末であれば、アプリケーションはサイレントでインストールされるため、常に業務で必要なアプリケーションがインストールされた状態を維持できる。

 Windows 8/10向けには“ゾーニング機能”がリリースされる。SSIDと必要な設定を紐付けることで、特定のSSIDに端末が接続した際、該当SSIDに紐付く設定が端末に設定されているかを確認し、設定されていない場合は自動的に必要な設定を行なえる。これにより、例えば特定のオフィス環境や教室で利用者が誤って必要な設定を削除した場合などに、自動的に再設定される。同機能は、今回のバージョンではVPNの設定のみに対応しているが、今後はプロキシの設定やアプリケーションなどへ対応範囲を拡げる予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「MDM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「MDM」関連情報をランダムに表示しています。

「MDM」関連の製品

ワークスタイルの広がりで管理範囲も工数も急増 管理手法はどう変わるべきか 【ヴイエムウェア+他】 Windows 10搭載モバイルデバイス、管理方式の弱点を克服するには 【ヴイエムウェア】 スマートデバイス仮想化基盤 Avast Virtual Mobile Platform 【日立ソリューションズ】 NECのクラウド型MDM 「スマートデバイス管理サービス」 【NEC】 BYOD導入を決めた企業が心掛けるべき「10のオキテ」とは? 【日本アイ・ビー・エム】
MDM MDM MDM MDM MDM
ワークスタイルの広がりで管理範囲も工数も急増 管理手法はどう変わるべきか 仕事をするにはやっぱりWindows 10モバイルが便利。でも、管理はどうすれば…… スマートデバイスの活用、BYODの実現を支援する仮想化基盤ソリューション。スマートデバイス向け仮想化基盤により、情報漏洩リスクの軽減とデータの公私分離を実現。 スマートデバイスを業務利用している企業の声を反映したクラウド型MDMサービス。端末ロック、グループ単位でのアプリ配信、インストール制御など企業に必要な機能が充実。 BYOD導入を決めた企業が心掛けるべき「10のオキテ」とは?

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063901


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > MDM > MDMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ