オプト、LINE公式アカウント上で顧客と1対1のチャットが可能に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


オプト、LINE公式アカウント上で顧客と1対1のチャットが可能に


掲載日:2015/09/17


News

 株式会社オプトは、LINEビジネスコネクト配信ツール「TSUNAGARU」で、リアルタイムに応答できる“One to Oneチャット機能”をリリースした。

 「TSUNAGARU」は、LINEビジネスコネクトのメッセージ配信を行なえるマーケティングツールで、ASPサービスで提供され簡易なタグ設定で導入できる。“メッセージ配信機能”のほか、LINEの利用者と企業の顧客を紐づける“IDシンク機能”が装備されている。オプション機能として、シナリオ設定/クラスタ抽出/ステップLINE(購買顧客に対してのフォロー配信)/キャンペーンマネジメントや、顧客からの問い合わせに返答する個別チャットも利用できる。

 今回リリースされた“One to Oneチャット機能”では、リッチメニューのボタンを押下、またはあらかじめ指定したキーワード/画像/スタンプなどを顧客が入力するとチャットモードが起動し、企業側のオペレーターが管理画面からLINEトーク上にメッセージを送信することで個別の問い合わせに応答できる。管理画面には複数のオペレーターがアクセスでき、同時に発生している問い合わせに迅速に応答できる。

 問い合わせ対応のほか、キャンペーンの当選連絡、画像による商品査定、来店予約の受付や前日確認など、様々な用途に利用できる。LINEトーク上で顧客が送信した質問に対して、あらかじめ設定したFAQ項目や登録DBから最適な回答を自動で返信する“自動応答機能”も、併せて利用できる。

 LINE上で問い合わせを受けることで、問い合わせチャネルを分散化し入電数の削減を図れる。また『電話では相談しにくい』『電話するほどでもない』といった問い合わせニーズを吸い上げられる。顧客に対しては、電車の中や仕事の休憩中などの電話しにくい状況や、コールセンターの対応時間外でも質問を送信できるという利便性を提供できる。

 既存のコンタクトセンタや、カスタマーサポートベンダ・ツールと連携した応答体制も構築できる。オペレーターの人員が不足している場合は、オプト内のオペレーションセンタでオペレーター体制を構築できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「コールセンター/CTI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「コールセンター/CTI」関連情報をランダムに表示しています。

「コールセンター/CTI」関連の製品

次世代クラウドサービス PureCloud 【インタラクティブ・インテリジェンス】 NSTechno-phone Manager 【日本証券テクノロジー】
コールセンター/CTI コールセンター/CTI
コラボレーション、コミュニケーション、顧客エンゲージメント向けクラウドサービスをオールインワンで提供。高い拡張性・信頼性・セキュリティのもとで利用できる。 Ciscoのユニファイドコミュニケーションと連携するCTIアプリケーション。パソコンにて電話帳を検索、プレゼンスを確認しワンクリックによる電話発信などを実現。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063866


IT・IT製品TOP > 情報システム > コールセンター/CTI > コールセンター/CTIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ