A10、集中管理システムの新版でDDoS攻撃対策などを強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


A10、集中管理システムの新版でDDoS攻撃対策などを強化


掲載日:2015/09/17


News

 A10ネットワークス株式会社(A10)は、ネットワークアプライアンス向け集中管理システムの新版「aGalaxy 3.0」の提供を開始した。

 今回の新版では、従来対応していたアプリケーション・デリバリ・コントローラ「Thunder ADC」に加え、DDoS攻撃防御専用アプライアンス「Thunder TPS」にも対応した。数百台の「Thunder TPS」への迅速なポリシー展開や、ITタスクの自動化の集中管理が可能になる。また、DDoS攻撃状況を監視できるほか、個々の物理/仮想アプライアンスで処理されたコネクション数をドリルダウンで確認でき、状況のモニタリングに加えセキュリティを含めた総合的な分析を行なえる。

 DDoS攻撃対策コンソールを備え、管理者はDDoS攻撃防御用のテンプレート設定や防御パラメータを即座に適用できる。様々なポリシー/閾値の設定により、管理者はトラフィックを細かく規制したり不審なふるまいをブロックしたりできる。防御ポリシーを適用した直後に、その効果を確認しながら必要に応じて防御設定を調整することも可能。

 複数のソースからデータを収集/集計することで、現在受けている攻撃を監視するための測定データが提供される。このデータに基づき、管理者は攻撃を追跡できる。

 詳細なロギング機能とステータスカウンターにより、管理者は利用者に影響を与える前にパフォーマンスの問題を識別/診断できる。サービスマップ機能も追加され、ネットワーク内にあるADC構成を簡単に確認できる。

 価格は、仮想アプライアンス版の場合で162万5000円から(テクニカルサポート費用は別途)。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

Senju DevOperation Conductor 【野村総合研究所】 【マンガで解説】終わりの見えない保守サイクルの脱出法 【日本アイ・ビー・エム】 オンプレミスと同じように安定かつ安全に運用できるクラウド導入 【F5ネットワークスジャパン】 運用基盤クラウドサービス mPLAT 【野村総合研究所】 統合監視ツール Integrated Viewer for Zabbix 【ヴィンクス】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
「見やすく」「使いやすい」運用管理ツール。5つのサブシステムで構成され、システム全体の可視化と運用自動化を統一されたインターフェースで一元的に行える。 辛口の妖精がマンガで伝授する、終わりの見えない保守サイクルの脱出法 企業のマルチクラウド導入が急速に進んでいる。しかし、その導入では正常に動いていたオンプレミスとどれだけ同じように安定かつ安全に運用できるかが管理者の悩みとなる。 システム運用に必要な機能をSaaS型で提供するクラウドサービス。Senju Familyベースのサービスを必要な部分のみ選択することにより、最適な運用環境を短期間に実現。 オープンソースの監視ツールとして高いシェアを誇る Zabbixに、ヴィンクスが独自の機能を追加。
オープン系、IBMi、クラウドなど、多種多様な環境を低コストで一元監視。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063859


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ