SEI、契約書管理を強化した文書管理/情報共有の新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SEI、契約書管理を強化した文書管理/情報共有の新版を発売


掲載日:2015/09/15


News

 住友電工情報システム株式会社(SEI)は、文書管理/情報共有システムの新版「楽々Document Plus Ver.3.8」を発売した。

 「楽々Document Plus」では、企業内に分散して存在する文書やデータを登録/保存/管理し、高度な検索を使用して必要な時に必要な情報を迅速に取り出せる。オフィス文書管理のほか、契約書管理、ISO文書管理や複合機連携による紙文書活用など、様々な機能を備えている。

 今回の新版では、契約書管理に活用できる機能が追加された。設定された改訂開始期限を超えても改訂作業を開始していない契約書の管理者に対し、改訂作業を開始するまで定期的に督促メールを送信できるようになった。該当する契約書は一覧で表示され、それぞれの状態が“期限日超過”“督促中”“通知済み”“改訂作業中”“WF(ワークフロー)回付中”“改訂完了”の6段階で示されるので、全体の進捗状況を一目で確認できるようになった。これらにより、契約書の改訂漏れや期限超過を防止できる。

 文書の改訂時、更新された添付ファイルと旧版文書の添付ファイルの内容を比較し、変更個所を色分けして表示できるようになった。契約書に加え、約款やマニュアルなどのページ数の多いファイルも、変更した所をピンポイントに確認できる。

 ツリー構造を定義したCSVファイルを登録することで、文書を登録するための複数のフォルダを一括で作成できるようになった。逆に、指定した配下のフォルダを一括で削除することも可能。フォームや経路が同一のフォルダは一括で登録できるので、データ移行時のフォルダ作成の手間を削減できる。

 価格は、パッケージライセンスが150万円から。詳細については要問い合わせ。


出荷日・発売日 2015年9月14日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

intra-mart 文書管理ソリューション 【エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】 文書管理ソリューション 「MyQuick」 【インフォコム】 OpenText ECM <文書&コンテンツ統制管理ソリューション> 【オープンテキスト】 File Life Station 2 【フォー・ズィー・コーポレーション】 Trinity(トリニティー) 【Zero Divide】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
文書の保管はもちろん、文書のライフサイクルや業務フローにあわせたドキュメントマネジメントが可能。
電子帳簿保存法にも対応している。
企業内のドキュメント情報を一元集約化し、いつでもどこでも必要な文書の検索を可能にするドキュメント管理システム。ファイル暗号化により、情報漏洩対策も万全。 契約書や証憑書類、オフィス文書、画像、動画、更に企業で蓄積されるノウハウや知識情報など多彩なコンテンツを業務プロセスに紐づけて管理・活用できる情報統制・共有基盤 様々なケースで作成される紙文書(原本)に対して、ファイルや保存箱の発生から廃棄まで、文書のライフサイクルを確実に、しかもカンタンに一貫して管理できる。 ●「IBM i」(System i、AS/400)で開発されたソフトウェアのメンバーソースから設計書を自動作成。
●作成以外にも管理/閲覧/編集、システム分析、自動更新までの機能を提供。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063814


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ