日本ヒューレット・パッカード、フラッシュストレージ新製品発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本ヒューレット・パッカード、フラッシュストレージ新製品発売


掲載日:2015/09/11


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、シリコンデータセンターへの移行を支援する「HP 3PAR StoreServ」ストレージの新モデルを発売した。

 今回、4コントローラノードまで拡張できるスケールアウトストレージ「HP 3PAR StoreServ 8000」シリーズが発売されるほか、「HP 3PAR StoreServ」シリーズのソフトウェアアップデートが行なわれる。

 「HP 3PAR StoreServ 8000」シリーズは、オールフラッシュ構成とディスクドライブをサポートするコンバージドフラッシュアレイ構成に対応し、1ラックあたり5.5PB(論理容量)までのフラッシュ容量を利用でき、アプリケーションを高速化して、インフラの統合を低コストで行ないたいユーザに適している。

 上位機種の「HP 3PAR StoreServ 20000」シリーズと同じ「HP 3PAR Gen5 Thin Express ASIC」を採用し、既存製品に比べ帯域幅が2倍に強化され、予測が困難な混合ワークロードをより効率的に処理できる。また、「HP 3PAR StoreServ 8000」と「HP 3PAR StoreServ 20000」のフラッシュアレイは、ともに“SAP HANA Tailored Data Center Integration(TDI)”の認定を受けていて、ミッションクリティカルなアプリケーションを利用できるほか、「HP 3PAR File Persona」ソフトウェアを利用することで、ファイルとブロックのワークロードを単一のTier-1フラッシュプラットフォームに統合できる。

 HP 3PAR オペレーティングシステムが強化され、ストレージエリアネットワーク(SAN)インフラの初期設定をストレージ側から容易に行なえ、短時間で設定を完了できる。また、「HP 3PAR Priority Optimization」ソフトウェアを使用することで、レイテンシーを0.5ミリ秒まで設定でき、アプリケーションを統合するマルチテナント環境で一貫したサービスレベルを維持できる。

 「StoreOnce Recovery Manager Central for VMware(RMC-V)」を搭載した「HP 3PAR StoreServ」に対するデータ保護機能の強化も行なわれ、「HP 3PAR StoreServ」アレイ上でアプリケーションに整合したスナップショットをとれ、変更されたブロックを自動で直接任意の「HP StoreOnce」バックアップシステムにコピーすることで、17倍速いVMプロテクションが提供される。また、「HP 3PAR StoreServ」のiSCSI機能強化が行なわれ、iSCSIレイテンシーを減少させ、iSCSI VLANタギングのサポートが追加された。


出荷日・発売日 2015年9月10日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063777


IT・IT製品TOP > ストレージ > SAN > SANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ