事例:神奈川県庁、アクロニスのファイル同期/共有製品を導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:神奈川県庁、アクロニスのファイル同期/共有製品を導入


掲載日:2015/09/10


News

 米アクロニス社は、神奈川県庁が庁内のファイルサーバに格納された各種情報への安全なアクセス、関係者間での共有を可能にするソリューションとして「Acronis Access Advanced」を導入したと発表した。

 神奈川県庁では、2014年に電子化全開宣言行動計画を策定し、ICT(情報通信技術)の活用による様々な目的に向けた取り組みが進んでいるという。同宣言での具体的な施策として挙げられるのが、2014年6月からスタートしたタブレット端末(iPad)の活用だとしている。

 今回、タブレット端末の導入により庁内外での業務の効率化と住民サービスの品質向上を図る際に求められる一定のシステム要件を満たしていたことから「Acronis Access Advanced」の導入に至ったと述べている。

 具体的には、庁内ネットワーク上のOffice文書の閲覧、編集機能及びその他事務処理向けの文書編集機能を有するシステムを備えていることや、MDM(Mobile Device Management)システムとの連携が可能なこと、県庁で利用している既存システムと連携できることに加えて、庁外への端末持ち出しを前提としたセキュリティ対策を備えていることを挙げている。

 導入後は、タブレット端末により会議のペーパーレス化を図り、職員が会議に使用する資料を変更のたびに印刷し直す手間から解放されたと述べている。また、大量の資料を持ち歩く必要がなくなった上、不足している資料をその場でタブレット端末を使用してファイルサーバから入手できるようになったと伝えている。更に、タブレット端末の活用により、本庁からの写真や動画撮影の指示/撮影/共有が迅速かつ容易になったと述べている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ファイル共有」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ファイル共有」関連情報をランダムに表示しています。

「ファイル共有」関連の製品

ファンケルなど6つのファイル共有事例に学ぶ、業務改善のヒント 【日本オラクル】 モバイルコンテンツ管理システム「Handbook」 【インフォテリア】 ペーパーレス会議システム「SONOBA COMET」 【CIJ】 クラウド型ファイル共有サービス Oracle Documents Cloud Service 【日本オラクル】 社内ファイルサーバへセキュアアクセス ThothLink 【オープンソース・ソリューション・テクノロジ】
ファイル共有 ファイル共有 ファイル共有 ファイル共有 ファイル共有
メールでファイル共有、やめました――6社事例で知る課題と対策 商品カタログや会議資料、マニュアルなどの各種コンテンツをクラウド・サーバで中央管理して一括配布し、デバイス上の閲覧専用アプリで閲覧できるようにするサービス。 参加者のいずれか1台のタブレット端末(iPad)を“発表者”として、資料を共有できるペーパーレス会議システム。 強力なセキュリティとアプリケーション連携を実現する、クラウド型のファイル同期・共有サービス。 社内・社外のPCやスマートフォンから、Webブラウザを用いて社内のファイルサーバへセキュアなアクセスを可能にする。これにより外出先からの業務を大幅に効率化できる。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063750


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ファイル共有 > ファイル共有のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ