クォーレスト、第6世代Core CPU対応のスリムな高性能WSを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


クォーレスト、第6世代Core CPU対応のスリムな高性能WSを発売


掲載日:2015/09/10
更新日:2015/09/11


News

 株式会社クォーレストは、第6世代Core i7/i5/i3シリーズCPUに対応した、コンパクトでスリムな高性能ワークステーション(WS)「Qualest Vertica V-1410A」シリーズを発売した。

 「Vertica-1410A」シリーズは、4台までの2.5/3.5インチHDD/SSDを装備でき、AMD CrossFireXまたはQuad CrossFireXを利用したマルチGPU環境を構築できる。最大64MBのDDR4タイプの2133MHz Non-ECCアンバッファードDIMMを装備できるほか、PCI-Express3.0規格のI/Oコントローラには、x1レーン・バス3本と、ダブルスロット対応のx16レーン・ソケットが3本接続されている。

 Intel Z170チップセットを搭載し、ホットプラグ機能対応のRAID 0/1/5/10またはJBOD接続を行なえる6ポートの6Gbps SATAポートを装備している。また、7つのUSB 3.0ポートと、2つのUSB 2.0ポートを利用できるほか、ウルトラM.2ソケット(PCI Express3.0 4xモード、32Gbps)、2チャンネルの10Gbps SATAポート互換SATA Expressポートなどのインターフェースを装備している。

 2系統のビデオ信号を同時に出力できるデュアルモニタをサポートし、それぞれ独立にDVI-DポートとHDMIポートに出力される。また、Intelクイック・シンク・ビデオ、Intel InTru 3D、IntelクリアビデオHDテクノロジー、Intelインサイダーなどのグラフィックス機能を利用できる。

 Intel i219Vチップを採用したギガビット・ネットワークは、低消費電力のIEEE802.3azプロトコルをサポートするほか、Wake-On-LAN機能やリモート・ブートに対応したPXE機能、Intel仮想化支援テクノロジーのVT-x/VT-dをサポートした、高信頼ギガビット・イーサネットLAN環境を提供する。また、マルチメディア機能として、音響特性・耐久性に優れた日本製オーディオ用コンデンサーや、Realtek ALC892 Audio Codecを採用し、7.1チャンネルHDオーディオをサポートしている。

 550W 80Plusプラチナ規格高効率電源を搭載しているほか、オプションGPUの補助電力需要に応じて、電源容量を強化した850W/1000W電源にアップグレードできる。システム背面の8cmファン(山洋電気製)2個と天板の12cmファンには、システムからの発熱量に応じて回転数がコントロールされるPWM(Pulse Width Modulation)ファンを採用している。またシステム構成に応じて、フロントに8cmの吸気ファンと側面に12cmの排気ファンを追加できる。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他PC関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他PC関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他PC関連」関連の製品

Apple製品 トータルサポートサービス 【ウチダエスコ】
その他PC関連
Apple製品の正式代理店として認可を受けているウチダエスコによる、エンタープライズ環境も視野に入れたAppleのサーバー、端末などの導入全般をサポートするサービス。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063744


IT・IT製品TOP > PC > その他PC関連 > その他PC関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ