GSX、未知の脅威をリアルタイムに検知する製品/サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


GSX、未知の脅威をリアルタイムに検知する製品/サービスを提供


掲載日:2015/09/08


News

 グローバルセキュリティエキスパート株式会社(GSX)は、英Darktraceの、未知のサイバー脅威対策製品「Enterprise Immune System」を発売する。また、同製品の機能を使ったTIR(Threat Intelligence Report)サービスの提供を9月(予定)に開始する。

 「Enterprise Immune System」は、企業や組織のネットワークの内外の異常通信/行動を監視し、内外の未知の脅威をリアルタイムに自動検知することで、早期の対応と対処を促せる。機械学習と数学理論を用いて、組織での正常/異常な挙動を自動学習し、ルールやシグネチャ不要で進行中の脅威を検知できる。可視化プラットフォームも備え、脅威を直感的に分析/調査できる。ネットワークアプライアンスは1時間以内にインフラ内にインストール可能。

 TIRサービスでは、両社の専門アナリストが、同製品が検知した異常の内容を解析/評価し、脅威のレベルや内容/対策をレポートする。監視対象のネットワークの管理者に、迅速で適切なインシデントレポートを提供する。価格は監視対象により異なる。

 なお、同製品とサービスはPOV(Proof of Value:一定の評価期間)を通して販売する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

今更聞けない「従来型エンドポイントセキュリティ」には何が足りなかったのか? 【シマンテック】 エンドポイント可視化で標的型攻撃を検出 【シマンテック】 エンドポイントセキュリティを徹底解説、多層防御に採用すべき技術は? 【シマンテック】 次世代マルウェア対策「CylancePROTECT(R)」 【日立ソリューションズ】 次世代型アンチウイルス プロテクトキャット Powered by Cylance 【エムオーテックス】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
サイバー攻撃の高度化と巧妙化から、従来型の対策には限界が見えてきた。多層防御の強化は続けつつ、感染に備えた事後対応も用意したい。どう両立すればよいだろうか。 狙われるエンドポイント――サンドボックスをもすり抜ける脅威と、どう戦うか 4億を超えるマルウェアからシステム負荷をかけず端末を多層防御する技術を実現 AI技術を利用した、パターンファイルを必要としないマルウェア対策。未知/既知を問わず、マルウェアが実行される前にエンドポイント上で検知・防御する。 人工知能を活用した次世代型アンチウイルス。マルウェアの隔離から流入経路追跡までが可能。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063716


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ