OceanBridge、遠隔操作ツールをプライベートクラウド型でも提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


OceanBridge、遠隔操作ツールをプライベートクラウド型でも提供


掲載日:2015/09/08


News

 株式会社オーシャンブリッジ(OceanBridge)は、リモートコントロールツール「ISL Online」で、「プライベートクラウドライセンス」の提供を開始した。

 「ISL Online」は、離れた場所のPC同士で画面共有を行なう“ワンタイム接続”や、遠隔地にあるサーバーや出先でiPhone/iPadなどから社内のPCに接続できる“常駐接続”、“Web会議機能”を1つのライセンスで利用でき、顧客サポートや社内ヘルプデスク、遠隔地サーバーメンテナンスといった様々な用途で利用できる。

 今回提供される「プライベートクラウドライセンス」は、オンプレミスのセキュリティ性とクラウドの冗長性を兼ね備えたプライベートクラウド型で、同ツールのサービスを利用できる。冗長構成サーバをAWS(Amazon Web Services)上に展開し、シングルテナントで契約ユーザのみが利用できる年間利用ライセンスになっている。

 Linux OSベースの「ISL Online」中継サーバがAWS上にセットアップされた状態のサービスとして提供されるため、サーバーの構築や管理は不要。

 オンプレミスサーバが冗長構成で提供される。契約接続数に応じてサーバー台数が追加され、台数に応じてインスタンスも追加されるため、優れた障害耐性を確立できる。Active-Activeバックアップによって、システムが冗長化される。接続サーバが故障しても別のサーバーが自動で継続運用する。一部のサーバーに偏った負荷は全体で分散処理でき効率的な運用を図れる。

 プログラムアップデートは契約ユーザと相談の上で実施するほか、セキュリティパッチなどの適用なども都度相談の上で対応する。サービスが停止するほどのサーバー障害が発生した場合には、契約ユーザの了承のもと、遠隔での緊急メンテナンスを実施する。

 価格は、同時接続数が10の場合で年間300万円、300の場合で同3000万円、無制限の場合で同5000万円など。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「リモートアクセス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「リモートアクセス」関連情報をランダムに表示しています。

「リモートアクセス」関連の製品

pcAnywhereから乗換先として選択するリモートコントロールツール 【オーシャンブリッジ】 モバイル活用促進術――現場も驚く対応力をIT部門が手に入れる? 【ヴイエムウェア株式会社】 スマホで社内Webに接続したい 【コネクトワン】 事例:オンプレミス版リモトーコントロールツール5つの選定基準 【オーシャンブリッジ】 Barracuda SSL VPN 【バラクーダネットワークスジャパン】
リモートアクセス リモートアクセス リモートアクセス リモートアクセス リモートアクセス
大手企業がpcAnywhereから乗換先として選択するリモートコントロールツールとは 解説動画:モバイルの自由度の高さも管理の楽さも手に入れるには スマホで社内Webに接続したい なぜ今オンプレミス版リモートコントロールツールへの乗換が増えているのか 外出先や出張先、在宅勤務など、社外・外部から内部ネットワークリソースへWebブラウザやスマートデバイスを利用してセキュアなアクセスを実現。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063707


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > リモートアクセス > リモートアクセスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ