ヴイエムウェア、包括的なアプリ配信/デバイス管理の製品を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ヴイエムウェア、包括的なアプリ配信/デバイス管理の製品を発表


掲載日:2015/09/08


News

 ヴイエムウェア株式会社は、包括的なアプリの配信やデバイス管理を行なえるエンドユーザ コンピューティング ソリューションを発表し、利用者やアプリケーションを中心にした利用体験を得られるように支援する。

 今回のソリューションでは、優れた俊敏性や複数のデバイス間でのシームレスなアクセス、高度なセキュリティを可能にするモバイル クラウド テクノロジへの移行を支援する。また、エンドポイントの統合管理に向けて、コンシューマ製品/サービス並みの簡便さ、様々なプラットフォームのサポート、より迅速なアプリケーションの配信を可能にする。

 Project A2は、Windowsデバイスの管理の焦点をアプリケーションに移すアプローチを採用している。また、新しいアプリケーション配信テクノロジ“VMware App Volumes”をAirWatchエンタープライズ モバイル管理(EMM)と組み合わせることで、Windows PCやWindowsアプリケーションのアップグレードにともなう費用や複雑なプロセスの軽減を図れ、企業でのWindow 10導入を支援する。

 アプリケーションを軽量化でき、配信の容易化を図れるため、IT部門は既存のWindowsアプリケーションを、Windwos 10のモバイルクラウド プラットフォームにシームレスに移動でき、ユニバーサルアプリから従来のWindowsアプリケーションまで、様々なアプリケーションの管理をEMMのアプローチで行なえる。これにより、IT部門は社員や企業が所有しているモバイル デバイスとWindows 10搭載のデスクトップ デバイスを統一された環境で管理できる。更に、Windows/SaaS/モバイルなどのユーザ アプリケーションを様々なデバイスで利用できるようにするエンドユーザ向けの一貫したモバイル ワークスペースが提供される。

 また、VMware Identity Manager Advanced Editionなどがアップデートされたことで、ユーザはモバイル クラウドを活用し、様々なアプリケーションを様々なデバイスに安全に配信できる。VMware Horizon6.2では、Skype for BusinessとNVIDIA GRID vGPU(仮想グラフィックス プロセッシングユニット)に対応し、利用者体験が強化されるなどの機能強化が行なわれている。VMware Horizon 6.2 for Linuxでは、NVIDIA GRID vGPUやvSGA(仮想共有グラフィックスアクセラレーション)がサポートされる。3製品とも、2015年第3四半期に提供開始される予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

三菱アルミニウムがサーバ統合でコスト削減とBCP対策を同時実現した施策とは 【日本オラクル株式会社】 非常駐型IT資産統合管理ツール「e-Survey+」 【ニッポンダイナミックシステムズ】 エンドポイントセキュリティ管理ソリューション ISM CloudOne 【クオリティソフト】 IT資産/セキュリティ統合管理システム ManagementCore 【住友電工システムソリューション】 EOSL後の延命保守、大型ストレージの場合の注意点と対策 【エスエーティ】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
三菱アルミニウムがサーバ統合でコスト削減とBCP対策を同時実現した施策とは エージェントレスでインベントリ収集。
ハード資産やソフトウェアライセンスと契約情報を紐づけ管理。 直感的な操作で運用負荷を軽減、低コスト・短期間でIT資産管理を実現。
自動で管理端末の脆弱性を検知し、マルチデバイスのセキュリティを一元管理するクラウドサービス。 資産管理からセキュリティ対策、検疫まで1システムで行える統合管理ツール。
ニーズに応じ段階的な導入が可能。IT資産の把握、監視、統制による健全なシステム環境を実現。
意外と知らない「大型ストレージ」での延命保守の注意点とは?

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063703


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ