採用:CTC、Wi2の無料無線LANサービスのユーザ認証基盤を構築

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:CTC、Wi2の無料無線LANサービスのユーザ認証基盤を構築


掲載日:2015/09/04


News

 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)は、株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)が提供する訪日外国人向け無料無線LANサービス「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」のユーザ認証基盤を構築したと発表した。

 「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」は、訪日外国人向けに無線LANスポットを無償で提供し、時間/場所/言語に応じた情報配信を行なうサービス。日本国内のモバイルキャリアと契約をしていない訪日外国人は、同サービスのアプリをダウンロードし、無償で無線LANサービスを利用できる。

 ユーザ認証基盤は、スマートデバイスから無線LANへの接続を管理するための仕組み。CTCは、これまでもWi2が提供する無線LANサービス全体のユーザ認証基盤や、SNSアカウントと連携した認証システムを構築してきたという。

 同社は、「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」でのユーザ認証基盤の開発や運用支援に加え、同サービスの参加企業/自治体が発行する無線LANサービスの利用エリアを拡大するためのプレミアムコードの仕組みも構築したと伝えている。

 なお、Wi2は、2014年12月から同サービスのトライアルを実施し、7月に商用サービスを開始したと述べている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

若年顧客を呼び込んだ電子サインシステム「Adobe Sign」 【アドビ システムズ 株式会社】 患者データの共有で研究を促進、米国医療・研究機関に学ぶ認証基盤のシンプル化 【Auth0】 新しい働き方を成功に導く、無線LAN環境に必要な“第3”の認証基盤とは何か 【日本ヒューレット・パッカード+他】 AXIOLE 【ネットスプリング】 DigiCert SSL/TLS サーバー証明書 【ソフトバンク コマース&サービス】
認証 認証 認証 認証 認証
なぜ創業290年の老舗銀行は「顧客接点のデジタル化」に踏み切ったのか 患者データの共有で研究を促進、米国医療・研究機関に学ぶ認証基盤のシンプル化 スマートデバイスを活用するためには社内の無線LAN化は必須だ。だが、ユーザーIDとパスワードだけの簡単な認証基盤ではセキュアな環境を構築できない。 LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 世界で高い実績を誇るDigiCertのSSLサーバー証明書を、国内で20年以上の経験を持つサイバートラストが提供。高い信頼性の証明書をコストや導入負荷を抑えて導入可能。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063673


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ