採用:CTC、Wi2の無料無線LANサービスのユーザ認証基盤を構築

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:CTC、Wi2の無料無線LANサービスのユーザ認証基盤を構築


掲載日:2015/09/04


News

 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)は、株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)が提供する訪日外国人向け無料無線LANサービス「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」のユーザ認証基盤を構築したと発表した。

 「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」は、訪日外国人向けに無線LANスポットを無償で提供し、時間/場所/言語に応じた情報配信を行なうサービス。日本国内のモバイルキャリアと契約をしていない訪日外国人は、同サービスのアプリをダウンロードし、無償で無線LANサービスを利用できる。

 ユーザ認証基盤は、スマートデバイスから無線LANへの接続を管理するための仕組み。CTCは、これまでもWi2が提供する無線LANサービス全体のユーザ認証基盤や、SNSアカウントと連携した認証システムを構築してきたという。

 同社は、「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」でのユーザ認証基盤の開発や運用支援に加え、同サービスの参加企業/自治体が発行する無線LANサービスの利用エリアを拡大するためのプレミアムコードの仕組みも構築したと伝えている。

 なお、Wi2は、2014年12月から同サービスのトライアルを実施し、7月に商用サービスを開始したと述べている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

Wi-Fi制御/VPN利用の強制 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】 次世代ファイアウォールの弱点とは? プロキシ技術がいま必要な理由 【シマンテック】 FutureNet RA-1200/RA-830 【センチュリー・システムズ】 RADIUS認証・アカウント管理アプライアンス Account@Adapter+ 【エイチ・シー・ネットワークス】 クラウド利用やリモートワークで高まる内部不正リスク、取るべき対策とは? 【ニッセイ情報テクノロジー】
認証 認証 認証 認証 認証
Wi-Fi制御とVPN利用の強制でネットワークの安全な活用を実現するWindows PC・タブレット向けソリューション。通信回線は、無線LAN、3G、LTEいずれでも適用可能。 次世代ファイアウォールの弱点とは? プロキシ技術がいま必要な理由 大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 ネットワーク認証に関わる機能を網羅した認証アプライアンス製品。Web/MAC/IEEE802.1X認証に対応、CA局、DHCPサーバ、外部LDAP/AD参照、アカウント申請機能をサポート。 クラウド利用やリモートワークで高まる内部不正リスク、取るべき対策とは?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063673


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ