スミテム、様々な資料をタブレット/PCで共有できるサービス提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


スミテム、様々な資料をタブレット/PCで共有できるサービス提供


掲載日:2015/09/04


News

 住友セメントシステム開発株式会社(スミテム)は、日々の営業活動や保守点検業務、会議、報告業務などで利用するカタログ/マニュアル/会議資料/報告書などを電子化し、タブレットやPCで使用できる「Docu Share Works」の提供を開始する。

 「Docu Share Works」は、マイクロソフトのクラウド基盤「Microsoft Azure」と、Office 365の「SharePoint Online」と連携したWindows 8.1対応のアプリケーションで、電子化された資料を「SharePoint」で一元管理し、最新の資料をクライアントに自動配布する機能が装備されている。

 資料のバージョンを気にすることなく、常に最新の資料をタブレット1台にまとめられる。会議機能では、参加者全員がリアルタイムでファイルを共有し、閲覧やコメントなどの書き込みを行なうことで、ミーティングの効率化を図れる。書き込みをしたファイルや議事録ファイルは、「SharePoint」に一括して残せる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ファイル共有」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ファイル共有」関連情報をランダムに表示しています。

「ファイル共有」関連の製品

ビジネスを変える、デジタルトランスフォーメーション推進のための方策とは? 【Sansan】 「紙の資料がいい」という人も納得、ペーパーレス会議を実現させる3つのヒント 【インフォテリア】 名刺は「企業の宝」、その利活用がもたらす3つのメリットとは何か? 【Sansan】 クラウドコンテンツ管理 「ShareBase」 【Hyland Software】 PCからもタブレットからも効率的かつ安全にアクセスできるコンテンツ管理術 【インフォテリア】
ファイル共有 ファイル共有 ファイル共有 ファイル共有 ファイル共有
ビジネスを変える、デジタルトランスフォーメーション推進のための方策とは? 「紙の資料がいい」という人も納得、ペーパーレス会議を実現させる3つのヒント 名刺は「企業の宝」、その利活用がもたらす3つのメリットとは何か? 監視、管理を徹底し、セキュアな情報共有、コラボレーション促進を実現するクラウドコンテンツ管理。セキュリティを確保しつつ、ストレスなく手軽にファイルを共有できる。 PCからもタブレットからも効率的かつ安全にアクセスできるコンテンツ管理術

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063666


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ファイル共有 > ファイル共有のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ