OAS、NECのソフトとのCTI連携に対応したCRMシステムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


OAS、NECのソフトとのCTI連携に対応したCRMシステムを発売


掲載日:2015/09/04


News

 オー・エイ・エス株式会社(OAS)は、日本電気株式会社(NEC)の統合コミュニケーションソフト「UNIVERGE Business ConneCT(BCT)」とのCTI連携に対応したコールセンターCRMシステム「デコールCC.CRM for BCT」を発売した。

 「デコールCC.CRM for BCT」は、「BCT」のAPIを使用してCTI連携することで、一般オフィスや中・小規模コールセンターで、統合コンタクトセンタの構築・運用を図れる。電話応対に関する様々な機能を備えた“オールインワン”アプリケーションで、応対者の負担軽減を図れ、システムの管理や設定も容易に行なえるほか、ユニファイドコミュニケーションの機能を備えているため、社員・オペレータ間のスムーズで的確な情報交換を図れる。

 NECのIP-PBX「Aspire UX/SV9300」を利用して、音声品質に優れたセンタを構築できる。CTIを活用して電話業務を効率化できるほか、CRMの実践・改善サイクルを構築できる。

 ルーティングからリアルタイム監視、統計出力まで、コンタクトセンタに求められる機能を備えている。会社の代表電話や部門代表電話の受付、秘書の電話取り次ぎ業務も効率化できるほか、社内から社外まで社員やオペレータの業務を、様々なコミュニケーション機能で効率化できる。

 マルチチャネルに対応し、電話・メール・FAX・Webといった複数の顧客接点を一元管理できるほか、マルチテナントに対応し、複数の業務に同時対応できる(主に電話代行・エージェンシー向け)。レポートカスタマイズに対応し、ユーザ自身で各種業務レポートを作成できるほか、セルフカスタマイズに対応し、ユーザ自身でコールセンターシステムの運用を改善できる。

 席数ライセンスを採用しているため、ID無制限やID数でのライセンス形態に比べ、コストの削減を図れる。クラウド(月額利用型)で導入した場合には、初期投資コストを抑えられ、月額で利用できる。オンプレミス(導入設置型)で導入した場合には、導入企業オリジナルのシステム開発も行なえる。また、Web-APIが提供されるため、ユーザ自身でコールセンターシステムを柔軟に拡張できる。


出荷日・発売日 2015年9月2日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「コールセンター/CTI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「コールセンター/CTI」関連情報をランダムに表示しています。

「コールセンター/CTI」関連の製品

次世代クラウドサービス PureCloud 【インタラクティブ・インテリジェンス】 NSTechno-phone Manager 【日本証券テクノロジー】
コールセンター/CTI コールセンター/CTI
コラボレーション、コミュニケーション、顧客エンゲージメント向けクラウドサービスをオールインワンで提供。高い拡張性・信頼性・セキュリティのもとで利用できる。 Ciscoのユニファイドコミュニケーションと連携するCTIアプリケーション。パソコンにて電話帳を検索、プレゼンスを確認しワンクリックによる電話発信などを実現。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063652


IT・IT製品TOP > 情報システム > コールセンター/CTI > コールセンター/CTIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ