ヴイエムウェア、パブリッククラウドとSDDCの新サービス等を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ヴイエムウェア、パブリッククラウドとSDDCの新サービス等を発表


掲載日:2015/09/03


News

 ヴイエムウェア株式会社は、統合ハイブリッドクラウドプラットフォームでの新しい技術とサービスを発表した。

 統合プラットフォームでパブリック クラウドのコンポーネント「VMware vCloud Air」の新規/拡張サービスには、クラウドDR(災害復旧)のアプローチを提供する「VMware vCloud Air Disaster Recovery Services」が含まれ、従量課金制の料金モデル「Disaster Recovery OnDemand」では、保護対象の各仮想マシン(VM)の定額使用料に加え、VMが消費するストレージ量の利用分が課金される。Software as a Serviceとして提供される包括的な管理ソリューション「Site Recovery Manager Air」では、「VMware vCloud Air」で保護される複数のVMアプリケーションやデータセンターに対して、迅速に優れた信頼性で、統合的な復旧を図れる。

 「VMware vCloud Air Object Storage」は、拡張性/信頼性/コスト効率に優れた非構造データ向けのストレージサービスで、容易な設定で利用でき、優れた耐久性と可用性を備え、冗長構成のデータ保護の必要性を軽減できるほか、場所や時間、デバイスを問わずアクセスできる。また、「VMware vCloud Air SQL」は、Database as a Serviceとして提供され、クラウドホスト型DBに容易にアクセスできる。従量課金制料金制で提供され、オンプレミスのDBをシームレスで安全にクラウドに移行するハイブリッドなデータ ソリューションをサポートする。

 SDDC(Software-Defined Data Center)分野の新製品では、DRを行なう際のアプリケーションの継続性や、複数のデータセンター間でのリソースの効率的な活用を図れるメトロプーリングを行なえる「VMware NSX 6.2」や、一貫性のある管理フレームワークを提供する「VMware vRealize Operations 6.1」、1秒間に収集できるメッセージ数が毎秒1万5000に向上した「vRealize Log Insight 3」、OpenStack Kiloを基盤にアップストリームOpenStackコードを採用した「VMware Integrated OpenStack 2」、DR管理の効率化とSDDC環境でのリカバリの迅速化を図れる「VMware Site Recovery Manager 6.1」、エコシステムパートナが、サードパーティ製のソフトウェアベースサービスとしてレプリケーションやキャッシングなどを提供できる「VMware vSphere APIs for IO Filtering」が発表された。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「IaaS/PaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IaaS/PaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「IaaS/PaaS」関連の製品

NIFTY Cloud/ニフティクラウド(パブリック型クラウドサービス) 【ニフティ】 ハイブリッドクラウド時代のマネージドサービスの条件 【日本アイ・ビー・エム】 専用サーバとクラウドの利点を生かす適材適所のハイブリッド 【さくらインターネット】 低予算でDR対策まで、自治体も選ぶ“クラウド的”な専用サーバ 【さくらインターネット】 全クラウドサービスを再確認、自社に最適な形態は? 【日本電気】
IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS
国内最大級!4,500件以上の導入実績を誇るパブリッククラウド
◆卓越したパフォーマンスと信頼性・柔軟性
◆24h/365日対応の電話サポート
◆使いやすいコントロールパネル
運用管理の見直しに役立つ「マネージドサービス」IDC調査資料 専用サーバとクラウドの利点を生かす適材適所のハイブリッド 低予算でDR対策まで、自治体も選ぶ“クラウド的”な専用サーバ 全クラウドサービスを再確認、自社に最適な形態は?

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063625


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ