提携:CTC、アサヒビールと飲食店向けのビッグデータ分析で協業

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:CTC、アサヒビールと飲食店向けのビッグデータ分析で協業


掲載日:2015/09/02


News

 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)は、アサヒビール株式会社と共同で、飲食店向けのビッグデータ分析についての協業を開始したと発表した。

 今回のサービスでは、米Applied Predictive Technologies(APT)の「Test&Learn」を使用する。

 「Test&Learn」は、施策のテスト設計や分析のコンサルティングサービスを含めたクラウド型予測分析ソフトウェア。飲食店が導入を検討している施策について、POSデータやAPTが独自に調査する地域特性に関連するデータから、施策に適切な実験店舗を割り出し、売上や利益、来店客数、客単価などへの施策の貢献度を実験を通して算出する。新商品の導入から割引キャンペーン/広告展開/店舗のレイアウト変更/従業員の研修など、様々な施策で活用できる。

 今後CTCは、小売業者や消費財メーカーなどに向けてサービスを展開していくという。また、アサヒビールでは飲食店の収益改善や経営効率の向上に向けてビッグデータ分析による店舗支援サービスを拡充していくと伝えている。



関連キーワード

「伊藤忠テクノソリューションズ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ホームセンターのカインズが、店舗とEC双方の集客を向上させたサイト改善の手法 【ゴーガ】 フォーチュン500の15%の企業が選ぶ、デジタル革新のためのCMSとは? 【のれん】 予測不可能な未来にも適用できるデジタルマーケティング基盤のつくり方 【のれん】 クラウド型シングルサインオンサービス SafeNet Trusted Access 【ジェムアルト】 Oracle DBユーザーが選ぶべき「次」の構成、エキスパートの提言 【東京エレクトロン デバイス+他】
CMS CMS CMS シングルサインオン SAN
多数の店舗や事業所を持つ企業にとって、地図上での情報表示は顧客満足度の点で欠かせない。その使い勝手や見せ方を工夫すれば、さらに大きな事業貢献ができるという。 フォーチュン500の15%の企業が選ぶ、デジタル革新のためのCMSとは? 予測不可能な未来にも適用できるデジタルマーケティング基盤のつくり方 クラウド上およびオンプレミスアプリケーションへの安全なアクセスを提供するアクセス管理・アイデンティティー保護サービス。 Oracle DBユーザーは「次」に何を選択すべきか。ライセンス問題が話題になるが、移行や大規模な改修は避けたいのが本音だ。解決策はDBの外にある。
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063613



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ