SBT、アクセス制御のオプションで不正アクセス対応機能等を拡張

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SBT、アクセス制御のオプションで不正アクセス対応機能等を拡張


掲載日:2015/09/02


News

 ソフトバンク・テクノロジー株式会社(SBT)は、アクセス制御機能を提供するサービス「Online Service Gate(OSG)」をバージョンアップした。

 「OSG」では、複雑なIDとパスワードの一元管理や、利用者ごとの安全な環境の確立を可能にし、セキュリティを保ちながら利用者や管理者の負担を軽減できる。

 同社では、「OSG」に子会社のサイバートラスト株式会社が提供するアクセス制限製品「サイバートラスト デバイスID」との連携機能を追加していて、ID/パスワードにデバイスIDを加えた2要素認証を導入可能にしている。

 今回、リモートアクセスや無線LANからの不正アクセスや、不正な端末へのファイルコピーなどのリスクに対して、ユーザが個別の対応を行なう負荷を軽減するため、「OSG」に連携させる「デバイスID」の用途拡張を可能にした。「OSG」の「デバイスID」オプションを利用している企業では、オプションライセンスの購入により、利用中の「デバイスID」を差し替えずにセキュリティ強度を高められる。

 価格は、「デバイスID」拡張利用オプション(「デバイスID」を既に利用している場合)は1デバイスあたり月額70円。未使用の場合は、モバイルデバイスの利用に限り1デバイスあたり月額100円が別途必要。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

FutureNet RA-1200/RA-730 【センチュリー・システムズ】 Entrust(R) Web認証・アクセス制御ソリューション 【エントラストジャパン】 知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 【日本マイクロソフト】 新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN 【日本マイクロソフト】 秘文AE AccessPoint Control 【日立ソリューションズ】
認証 認証 認証 認証 認証
大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 世界中1000万以上のユーザを持つ認証セキュリティ強化ソリューション。
コスト効率に優れ様々な認証を組み合わせ利用可能。
スマートフォンOS対応トークンも提供。
知っていますか? 認証プロトコルの違い――4種類の特徴と用途 新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN Wi-Fi制御とVPN利用の強制でネットワークの安全な活用を実現するWindows PC・タブレット向けソリューション。通信回線は、無線LAN、3G、LTEいずれでも適用可能。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063602


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ