インテック、IaaSの提供範囲を12ヵ国に拡大、一元管理を可能に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


インテック、IaaSの提供範囲を12ヵ国に拡大、一元管理を可能に


掲載日:2015/09/01


News

 株式会社インテックは、企業向けクラウドサービス「EINS/SPS」シリーズの利用範囲を世界12ヵ国に拡大し、一元管理のグローバルサービスの提供を開始した。

 今回提供されるサービスは、従来の国内サーバリソースの環境と同様に閉域網でネットワークを接続し、国外のサーバリソース環境を提供するマネージド型のIaaS(Infrastructure as a Service)。国外サイトの運用監視などのオペレーションは、同社の監視センタ(日本国内)で提供される。これにより、国外拠点のサーバを日本国内から一括管理でき、グローバル環境のIT統制を強化したいというニーズに対応する。

 IBMのクラウドサービス「SoftLayer」の基盤を活用していて、8月31日時点で世界12ヵ国24のデータセンターで提供でき、ユーザは「SoftLayer」を意識せずに国外のサーバリソースを利用できる。

 既に同社のデータセンター「EINS/VDC」やクラウドサービス「EINS/SPS Managed」「EINS/SPS SelfPortal」を利用している場合、新しくネットワークを引かずに利用できる。運用管理・問い合わせ受付は、日本国内から同社の運用要員が行なう。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「IaaS/PaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IaaS/PaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「IaaS/PaaS」関連の製品

FIT-Cloudサービス 【北電情報システムサービス】 「クラウド移行は何となく不安」から抜け出すためのヒント 【日本アイ・ビー・エム】 SAPに最適なクラウドの活用法は? ニーズに合わせて見極めたい3つの選択肢 【日本アイ・ビー・エム】 「VMware環境をクラウドへ移行して」と言われたら、SIerに贈るクラウド活用法 【日本アイ・ビー・エム株式会社】 VMwareの移行先として「IBM Cloud」は本当に“使える”のか? 【日本アイ・ビー・エム】
IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS
自然災害の少ない富山県に立地する高信頼のデータセンターを活用したクラウドサービス。仮想化インフラの構築から運用管理までのトータルサービスで、BCP対策を支援。 漠然とした不安からクラウド移行に踏み出せない企業は多い。分からないから使わない、使わないから分からないという循環から抜け出すべく、必要な知識をまとめて解説する。 SAPに最適なクラウドの活用法は? ニーズに合わせて見極めたい3つの選択肢 「VMware環境をクラウドへ移行して」と言われたら、SIerに贈るクラウド活用法 企業のクラウド導入が進む一方で、全てをクラウドネイティブに刷新することが正解とは限らない。既存環境を生かしながらクラウドのメリットを享受することはできるのか。

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063592


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ