インテック、IaaSの提供範囲を12ヵ国に拡大、一元管理を可能に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


インテック、IaaSの提供範囲を12ヵ国に拡大、一元管理を可能に


掲載日:2015/09/01


News

 株式会社インテックは、企業向けクラウドサービス「EINS/SPS」シリーズの利用範囲を世界12ヵ国に拡大し、一元管理のグローバルサービスの提供を開始した。

 今回提供されるサービスは、従来の国内サーバリソースの環境と同様に閉域網でネットワークを接続し、国外のサーバリソース環境を提供するマネージド型のIaaS(Infrastructure as a Service)。国外サイトの運用監視などのオペレーションは、同社の監視センタ(日本国内)で提供される。これにより、国外拠点のサーバを日本国内から一括管理でき、グローバル環境のIT統制を強化したいというニーズに対応する。

 IBMのクラウドサービス「SoftLayer」の基盤を活用していて、8月31日時点で世界12ヵ国24のデータセンターで提供でき、ユーザは「SoftLayer」を意識せずに国外のサーバリソースを利用できる。

 既に同社のデータセンター「EINS/VDC」やクラウドサービス「EINS/SPS Managed」「EINS/SPS SelfPortal」を利用している場合、新しくネットワークを引かずに利用できる。運用管理・問い合わせ受付は、日本国内から同社の運用要員が行なう。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「IaaS/PaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IaaS/PaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「IaaS/PaaS」関連の製品

「AWS×データ分析」構築事例3選──データ変換/統合を楽にするツール導入法 【Talend】 クラウドサービスを「中の人」が解説――今、注目すべき重要技術とは? 【インターネットイニシアティブ】 グローバルIP-VPN/マネージドICT/クラウドサービス 【シンガポールテレコム・ジャパン】 IBM i上の基幹システムをクラウドへ移行する5つのポイント 【日本情報通信】 「クラウドはムリ」と諦めていた、企業システムのためのIaaS 【日本オラクル】
IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS
AWSを使いこなすためのノウハウ:分析ツールを構築する場合に必要な要素は? クラウドサービスを「中の人」が解説――今、注目すべき重要技術とは? グローバル展開を迅速化!その企業が頼りにした“クラウド”とは 長年にわたり「IBM i(AS/400)」で運用し続けてきた基幹システムは、まさに自社の業務ノウハウの結集だ。経営に欠かせないこの重要資産を今後も生かしていく道とは。 パブリッククラウドへ移行したいが、性能やライセンス、セキュリティ課題が原因で移行できないシステムはないだろうか。こうした壁を取り払う「第2世代のIaaS」とは。

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063592


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ