KWC、共用サーバを機能強化、WAFを標準搭載しApache2.2系を採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


KWC、共用サーバを機能強化、WAFを標準搭載しApache2.2系を採用


掲載日:2015/09/01


News

 株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ(KWC)は、ホスティングブランド「CPI」の共用サーバ「シェアードプランACE01」で、Webアプリケーションファイアウォール(WAF)機能の標準搭載やWebサーバのApache2.2系採用などの機能強化を、9月29日に実施する。

 「シェアードプラン ACE01」は、複数サイトの運用を可能にするマルチドメイン機能や、Webの自動バックアップ、様々なメール機能などを標準で備えたビジネス向けレンタルサーバ。今回の機能強化では、ジェイピー・セキュア社が提供するWAF製品「SiteGuard Lite」が標準搭載される。これにより、Webアプリケーションの脆弱性を狙う攻撃からWebサイトを防御するセキュリティサービスが提供され、SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティングといった攻撃への対策を図れる。マルチドメインでも同様に利用できる。

 WebサーバにApache2.2系を採用したことで、より多くのCMSやWebプログラムの動作要件を満たすようになった。また、コンテンツを圧縮し、転送量を削減することで高速表示が可能になるApacheモジュール「mod_deflate」の導入や、PHP/Perlなどのプログラム実行環境のバージョンアップも行なわれる。

 従来のIPアドレス制限のあるパスワード認証から、SSHプロトコルを利用した鍵認証へ変更され、場所を問わずSSHでサーバーにアクセスできるようになるため、Gitの利便性が向上する。また、SFTPへの対応により、SSHを利用したファイル転送機能が追加される。

 価格は、初期費用無料、月額は12ヵ月契約の場合で3800円、6ヵ月契約で4100円、3ヵ月契約で4400円(いずれも、契約期間分一括払いを月額へ換算した料金)。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ホスティング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ホスティング」関連情報をランダムに表示しています。

「ホスティング」関連の製品

SPPDレンタルサーバー 専用サーバー 【スタジオマップ】
ホスティング
用途に合わせて選べる全5コースを用意し、最も安価なエントリーコースでも運用保守を任せられるフルマネージドを実現した法人向けレンタルサーバー。Linux/Windows対応。

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063581


IT・IT製品TOP > データセンター > ホスティング > ホスティングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ