リコー、操作性等を向上したA0対応デジタルモノクロ複合機を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リコー、操作性等を向上したA0対応デジタルモノクロ複合機を発売


掲載日:2015/09/01


News

 株式会社リコーは、A0サイズ対応のデジタルモノクロ複合機「RICOH MP W8140/W7100」シリーズを9月9日に発売する。

 「MP W8140」は連続複写速度が毎分14枚、「MP W7100」は同10枚(いずれもA1ヨコ、原稿読み取り後2枚目以降の速度)。ファイル形式の異なる複数のデータを一括出力できる“Web Printing Tool機能”を搭載し、PCに専用のソフトをインストールぜずに、Webブラウザを利用して、PCに保存されたデータを一括出力できる(プリンター機能はオプション対応)。

 フルカラースキャナ機能をオプションで搭載可能で、JPEG 2000によるデータ圧縮技術の採用により、高圧縮PDFデータに変換でき、大判原稿のフルカラーでの電子化に対応している。また、コピーと同じように、スキャナ機能でも変倍設定が可能で、PC上での確認用など、等倍での保存が不要な原稿などのサイズを縮小し、データ容量を抑えられる。更に、スキャンした原稿の文字情報をオプションのOCR機能によりテキストデータ化し、PDFファイルに埋め込むこともできる。

 自由に角度調整が可能な9.0インチの大型フルカラータッチパネルを採用しているほか、よく使う設定を登録し、操作パネルのホーム画面にアイコン化して表示でき、複雑な設定をワンタッチで呼び出せる。また、出力された用紙を本体の胴内にスタックでき、最大で、A1ヨコの用紙をフラットに99枚スタックできる。出図の際の図面折り作業を自動化するオプション“imagio フォルダー FD6500B”も用意されていて、A4サイズに折り上げる基本折りや、袋に入れるために狭い幅で折り上げる図面袋折り、ファイルに綴じるための綴じ代をつけたファイル折りなど、用途/配布先に応じた様々な折りパターンに対応している。

 なお、スキャンした文書やPCで作成した図面を“RICOH e-Sharing Box”(別売)に保存することでスマートフォンやタブレット端末から容易にアクセスできるほか、非接触ICカードを用いた“リコー 個人認証システム AE2”(オプション)により、機器の利用を制限し、印刷物の取り間違えや取り忘れによる紙文書からの情報漏洩抑止が可能で、機器の使用状況や環境に応じてアプリケーションを拡張できる。


出荷日・発売日 2015年9月9日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063573


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ