JBCC、通信モジュール内蔵で場所を問わず使えるサイネージを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


JBCC、通信モジュール内蔵で場所を問わず使えるサイネージを発表


掲載日:2015/08/31


News

 JBCC株式会社は、クラウド型デジタルサイネージ(電子看板)システム「Web放送局 mot!VISION」のラインアップを9月1日に拡充する。

 「Web放送局 mot!VISION」では、動画/静止画などのコンテンツの放映スケジュールをクラウド上で管理し、“ターミナル”と呼ばれるサイネージ専用機器を使用して放映する。クラウド上で管理されたコンテンツを複数のターミナルに一斉配信したり、特定のエリアのみにタイムリーな情報を割り込み放映するなど、コンテンツの運用や監視をクラウドで簡単/確実に集中管理できる。

 今回ラインアップされる“ターミナル”は、通信モジュールを内蔵しているため、無線LANの敷設が禁止されている環境でも利用できるほか、携帯性に優れ、移動車両への搭載や展示会での活用も容易に行なえる。また、動画コンテンツの表示能力が向上し、コンテンツ切り替え時のブランク画面を除去できるようになった。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063567


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > デジタルサイネージ > デジタルサイネージのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ