日立システムズ、PBXや電話機などが不要なクラウド型CTIを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立システムズ、PBXや電話機などが不要なクラウド型CTIを発売


掲載日:2015/08/31


News

 日立システムズは、PBXや電話機などの専用ハードウェアや設備が不要なソフトウェア型のCTIシステム「Finnova ユニファイドコミュニケーション対応CTIサービス」のクラウドサービスを発売する。

 「Finnova ユニファイドコミュニケーション対応CTIサービス」では、米Exigen EbITのソフトウェア型CTIシステム「CSIM」をクラウド型で提供する。導入の際、オペレーター端末側には専用ソフトのインストールが不要で、PCとWebブラウザ、ヘッドセットがあればすぐに利用できるため、業務量の増加に応じて迅速に規模を拡張できる。1席から1000席以上まで様々な規模で活用できる。また、インターネットに接続できる場所であれば問い合わせに対応できるため、災害対策や在宅勤務に利用できるほか、外部の通訳者や海外駐在スタッフを活用できる。

 アウトバウンド機能では、手動発信に加え、ポップアップ表示されたコールリストから選択して発信する“プレビューコール機能”や、自動で発信する“プレディクティブ発信機能”を備えている。IVR(音声応答機能)では、顧客のダイヤル操作や声に合わせて、あらかじめ録音した音声を自動的に再生でき、業務処理の自動化などに活用できる。オペレーターのスキル/稼働時間/空き状況などに応じて顧客からの着信を振り分けるACD(コールルーティング)機能も備えている。

 顧客とオペレーター間の通話や、オペレーター同士の通話内容を録音できるため、コンプライアンス順守やクレーム対応に活用できる。また、オペレーターの稼働状況などを一元化して管理/閲覧できるため、管理者は適切なオペレーターの配置や、オペレーターの対応支援を行なえるようになる。3者通話やチャット機能も備えている。

 顧客別/サービス別/チーム別/シナリオ別など様々な切り口でレポートを表示できる。様々なファイル形式に対応している。

 価格は、初期費用が40万円から、月額費用がオペレーター1席あたり2万9000円からで、コンタクトセンタの規模やオペレーターの席数などによって異なる。なお、オンプレミス型(自社導入型)での提供も可能。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「日立システムズ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「コールセンター/CTI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「コールセンター/CTI」関連情報をランダムに表示しています。

「コールセンター/CTI」関連の製品

次世代クラウドサービス PureCloud 【インタラクティブ・インテリジェンス】 NSTechno-phone Manager 【日本証券テクノロジー】
コールセンター/CTI コールセンター/CTI
コラボレーション、コミュニケーション、顧客エンゲージメント向けクラウドサービスをオールインワンで提供。高い拡張性・信頼性・セキュリティのもとで利用できる。 Ciscoのユニファイドコミュニケーションと連携するCTIアプリケーション。パソコンにて電話帳を検索、プレゼンスを確認しワンクリックによる電話発信などを実現。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063564


IT・IT製品TOP > 情報システム > コールセンター/CTI > コールセンター/CTIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ