ソフトクリエイト、社内ポリシー適用状況を監視できる製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソフトクリエイト、社内ポリシー適用状況を監視できる製品を発売


掲載日:2015/08/31


News

 株式会社ソフトクリエイトは、社内ネットワークへの不正接続を検知・遮断するセキュリティシステム「L2Blcoker」の有償オプションとして、エンドポイントのセキュリティ対策「Endpoint Monitor Option」を発売した。

 「Endpoint Monitor Option」では、「L2Blocker」にネットワークへの接続許可をされている端末に対して非常駐型のエージェントを配布し、企業で利用を義務付けているソフトウェアの利用や端末利用に関するポリシー(社内ルール)を満たしているかを、設定間隔に基づいて監視できるほか、必要に応じて対象の端末をネットワークから遮断することもでき、対策状況の監視・管理を行なえる。。また、Active Directoryのドメインに参加していないWindows端末を検知できるほか、「L2Blocker」のセンサでは収集が困難な端末の詳細情報を取得でき、端末の資産台帳としても利用できる。


出荷日・発売日 2015年8月28日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「検疫」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「検疫」関連情報をランダムに表示しています。

「検疫」関連の製品

“現在の脅威”に最適化、次世代セキュリティモデルに移行すべき7つの理由 【Gigamon】 自動車業界が直面するオープンソースの課題――管理と安全確保にどう取り組む? 【ブラック・ダック・ソフトウェア】 マルチOS対応 検疫アプライアンス QuOLA@Adapter 【エイチ・シー・ネットワークス】 他業界も参照すべき医療機関へのサイバー攻撃動向――2つの脅威分析モデルとは 【シマンテック】 今からやれば間に合う? 5ステップでできるEUの個人情報保護法「GDPR」対策 【SAS Institute Japan】
検疫 検疫 検疫 検疫 検疫
“現在の脅威”に最適化、次世代セキュリティモデルに移行すべき7つの理由 自動車業界が直面するオープンソースの課題――管理と安全確保にどう取り組む? 検疫に特化したアプライアンス製品。
必要なときに検疫プログラムをダウンロード・実行でき、持込み環境にも対応。
OSやネットワークごとに検疫内容を細かく指定できる。
他業界も参照すべき医療機関へのサイバー攻撃動向――2つの脅威分析モデルとは 今からやれば間に合う? 5ステップでできるEUの個人情報保護法「GDPR」対策

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063553


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > 検疫 > 検疫のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ