アドバンテック、Intel Quark SoC x1000搭載IoTゲートウェイ発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アドバンテック、Intel Quark SoC x1000搭載IoTゲートウェイ発売


掲載日:2015/08/28


News

 アドバンテックは、Intel Quark SoC x1000プロセッサを搭載した、コンパクト/高機能で、マルチ接続を行なえるIoTゲートウェイ「UBC-221」を発売した。価格はオープン価格。

 「UBC-221」は、駐車場、セキュリティや監視に加え、工業用制御などのIoTや自動制御アプリケーションに適している。

 IoT開発のために最適化されている。UART×1、GPI×2、GPO×2、10/100 Ethernet×2(1つはPower Over Ethernet(PoE)をサポート)、USB×1、MiniPCIe×1、SD×1、12V DC入力×1に対応し、オンボードMiniPCIeを搭載したことで、Wi-Fi、3G/4G、Bluetooth、ZigBeeといったワイヤレス接続もサポートする。センサを接続し、処理するためにネットワークを介してクラウドサーバに生データをわたす通信ブリッジとして機能する。

 ファン非搭載で、最大消費電力は2.8Wに抑えられている。取り付け方法も柔軟で、VESA/DINレール/ウォールマウントに対応し、容易に複数台のIoTゲートウェイデバイスを展開できる。

 ソフトウェア開発者が、同製品向けのカスタムソフトウェアの製作や、リリース前のアプリケーションの評価やテストを行なえるよう、スタンダードなYocto Linuxボードサポートパッケージ(BSP)やプリパッケージされたイメージが提供される。また、Intel Quarkは、開発者がWebサーバを構築するために使用できるWebサーバーパッケージをサポートしているため、ユーザはWebブラウザ経由でリモートで「UBC-221」にアクセスできる。

 また、従来のシステム設計を採用しているユーザ向けに、「UBC-221」と同様のI/Oを搭載した、Intel Quark SoC x1000 2.5インチシングルボードコンピュータ「RSB-3850」が9月中旬から提供される。標準的なPico-ITXフォームファクタに準拠しているため、容易に追加のシステム周辺機器を統合でき、様々なタイプのシャーシ設計にも適合させられる。


出荷日・発売日 2015年8月27日 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他ネットワーク関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ネットワーク関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ネットワーク関連」関連の製品

DHCPアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】
その他ネットワーク関連
Made in JAPANの省電力DHCPアプライアンスサーバ。シリーズ全製品、異拠点間での冗長構成が可能。IPv6対応、設定やセキュリティ機能も充実。DNSサーバ機能搭載

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063538


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > その他ネットワーク関連 > その他ネットワーク関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ