矢野経済研究所、社会インフラ向けIT市場の調査結果を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


矢野経済研究所、社会インフラ向けIT市場の調査結果を発表


掲載日:2015/08/27


News

 株式会社矢野経済研究所は、国内の社会インフラ向けIT市場の調査を実施したと発表した。

 今回の調査では、調査期間は1月〜7月、調査対象は官公庁(国土交通省/経済産業省/総務省など)、公的機関(産業技術総合研究所/土木研究所/国土技術総合研究所/各種業界団体)、IT 事業者/SIer、通信事業者、建設事業者、重電メーカーなどで、調査方法は矢野経済研究所専門研究員による文献検索/文献調査、直接面接調査、電話調査を併用している。

 同調査での社会インフラ向けIT市場とは、道路/警察/鉄道などの交通関連、上下水道/浄水場などの水関連、治水/砂防などの河川/ダム関連、防災関連などの社会インフラ分野におけるIT需要を対象にしている。市場規模には、ハードウェア/ソフトウェア/SI/コンサルティング/通信回線利用料などを含み、インフラ運営事業者の発注金額ベースで算出している。

 矢野経済研究所は調査結果サマリーとして2点発表している。1つは、国内の社会インフラ向けIT市場規模は、2014年度は前年度比6.2%増の4831億円で、同年度は交通関連や水関連での更新需要などを背景に、そのほかでは高速道路事業者向け案件が好調で、堅調に推移したという。今後の社会インフラ向けIT市場では、老朽インフラ問題や要員不足などに起因したインフラモニタリング業務へのIT導入に関する期待が大きいとしている。この分野に関しては、国や自治体、公的研究機関、大学、IT事業者、その他インフラ関連業界での研究開発が加速していると述べている。

 2つめは、2020年度までの国内の社会インフラ向けIT市場は、インフラの新規建設自体は伸びを欠くものの、東京オリンピックを控えた首都圏での社会インフラ投資(高速道路/鉄道/空港/防災など)の拡大、リニア新幹線需要のあるJR東海関連プロジェクト、更にはインフラ長寿命化基本計画に準じたインフラモニタリング業務へのIT導入の可能性などがあり、市場は増減を繰り返しながらも需要は堅調な見通しであるという。そして、2020年度での国内の社会インフラ向けIT市場規模は4670億円だと予測している。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

付加価値の高いサービス基盤を効率よく整備する際に必要なこと 【東日本電信電話】 Office 365を業務現場に手間なくスムーズに定着させる方法 【マイクロメイツ】 MajorFlow Time 【パナソニック ネットソリューションズ】 ビジネスチャット 「ChatLuck(チャットラック)」 【ネオジャパン】 グループIT基盤の最適化のために、短期間でのIT基盤刷新を実施 【NTTコミュニケーションズ株式会社】
タブレット 運用系業務アウトソーシング 勤怠管理システム 社内SNS IaaS/PaaS
高齢者を含む一般消費者向け事業の成否は、いかに付加価値の高いサービスを提供できるかにかかっている。そのサービス基盤を効率よく整備する際に必要なことを考えていく。 Office 365を業務現場にスムーズに定着させる方法――IT部門の手は煩わせない ワークフロー「MajorFlowシリーズ」の勤怠管理システム。Webで勤務報告や各種申請が実現。タイムレコーダ連携や他システムとの連携、スマートフォンからの入力も実現。 チャットアプリを中心にリアルタイムかつ効率的なコミュニケーションを実現。セキュリティなどビジネスに必要な機能を搭載。 サッポログループが実現、グローバルIT基盤の刷新とそれを支える運用管理
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063513



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ