MITシステム、予測発信型コンタクトセンタの構築支援製品を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


MITシステム、予測発信型コンタクトセンタの構築支援製品を発表


掲載日:2015/08/25


News

 株式会社MITシステム研究所(MITシステム)は、アウトバウンドコンタクトセンタシステム向けのオールインワン製品「Quick eNext Outbound Suite」を9月1日にリリースする。

 同社が提供する「アウトバウンドコンタクトセンターソリューション」は、“コンタクト率”と“承諾率”の向上を図り、適切なオペレータ管理を行なえるコンタクトセンタシステムを、迅速/簡単に構築できる。

 今回リリースされる「Quick eNext Outbound Suite」は、この「アウトバウンドコンタクトセンターソリューション」を構成する各種ソフトウェア製品を同一サーバに収納したオールインワン製品で、プレディクティブ(予測)発信/プレビュー発信/ペース制御/通話録音/モニタリング/レポーティング/インバウンド(コールバック)の機能が搭載されている。

 搭載されるソフトウェア製品は、コンタクトセンタの構築/運用に必要な様々な機能が搭載されたコンタクトセンタ専用CRMパッケージ「QuickCRM」と、複数のコールリストから時間帯でスケジュールしながら自動発信を行なう予測発信(プレディクティブ機能)も可能な自動ダイヤルソフトウェア「QuickeDialer」、汎用サーバ上で稼働するソフトウェアベースのコンタクトセンタ対応IP-PBX「QuickmPBX」、顧客とオペレータの会話を録音し、蓄積した情報の広範囲な検索をする通話録音ソフトウェア「VoiceCatcher」。そのほかオプションとして、架電履歴をベースに顧客の購買タイミングを分析し、当該時間帯に必要なオペレータ数を算出して適切なオペレータシフト管理を行なうワークフォース管理ソフトウェア「QuickWFM」が用意されている。

 システム構築に必要な機能が設計/検証済みで提供されるため、作業期間の短縮と費用の削減を図れる。小中規模、または小規模からスタートするコンタクトセンタに適している。

 ユーザの指定場所/環境に設置されるため、自社で独自のセキュリティ対策や情報保護を行なえる。オプションで、同社のシステムをユーザの指定場所に設置する“レンタルモデル”も用意されている。また、シングルウィンドウのサポートが可能。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「MITシステム研究所」関連の情報を、チョイスしてお届けします

「MITシステム研究所」製品レポート

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「コールセンター/CTI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「コールセンター/CTI」関連情報をランダムに表示しています。

「コールセンター/CTI」関連の製品

次世代クラウドサービス PureCloud 【インタラクティブ・インテリジェンス】 NSTechno-phone Manager 【日本証券テクノロジー】
コールセンター/CTI コールセンター/CTI
コラボレーション、コミュニケーション、顧客エンゲージメント向けクラウドサービスをオールインワンで提供。高い拡張性・信頼性・セキュリティのもとで利用できる。 Ciscoのユニファイドコミュニケーションと連携するCTIアプリケーション。パソコンにて電話帳を検索、プレゼンスを確認しワンクリックによる電話発信などを実現。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063479


IT・IT製品TOP > 情報システム > コールセンター/CTI > コールセンター/CTIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ