VQS-M、Web会議で最大15拠点の映像同時配信と同時会話を可能に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


VQS-M、Web会議で最大15拠点の映像同時配信と同時会話を可能に


掲載日:2015/08/25


News

 VQSマーケティング株式会社(VQS-M)は、Web会議システム「VQS collabo Business」の「交流Lタイプクライアントソフト」をリリースした。

 「VQSコラボ」は、マルチデバイス対応で、多地点でのリアルタイムコミュニケーションを行なえるツール。従来の「VQS collabo交流タイプ」が、会議の議長を含め6拠点の同時発言・映像配信が最大だったのに対し、今回の「交流Lタイプ」では最大15拠点の同時発言・映像配信を行なえる。従来は映像配信枠が6枠または1枠拡大表示だったのに対して、「交流Lタイプ」では2/4/6/9/12/15枠または1枠拡大と表示パターンを変更できる。また、従来は議長が会議に対して固定だったのに対して、「交流Lタイプ」では議長を会議中に自由に変更できるほか、会議の参加者以外が「VQSコラボ」の操作を支援できるように、視聴のみ行なえる“視聴席”から、議長操作を行なえる。

 これらにより、多人数同時発言を行なうグループディスカッションや、多くの拠点から参加がある会議、研修会やセミナーに利用できるほか、会議中に、議長が中座する場合や、議題ごとに議長が交替する場合、操作に不慣れな議長に支援を行なえる。

 ホワイトボード/資料共有機能を備え、白紙のホワイトボードに板書、またはキーボードでテキスト入力を行ない参加者同士で情報を共有できる。アジェンダや会議資料をホワイトボードに表示することで、資料を使用した会議を行なえる。指示棒を利用することで、ホワイトボードのどの部分を説明しているのか、会議参加者全員で意志疎通を行なえる。

 会議資料としてWebページを提示できる“Webナビゲート機能”機能を備え、Webページを見せながら解説できる。また、“ビデオ配信機能”では、カメラ映像の代わりに、動画データや音声データを配信でき、余計な通信帯域を利用せずに配信を行なえる。配信しながらマイクで解説をすることもできる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「Web会議」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Web会議」関連情報をランダムに表示しています。

「Web会議」関連の製品

クラウドPBXと固定電話のメリットだけ取るハイブリッド活用法 【日本マイクロソフト】 中・大規模会議 マイクスピーカーシステム「YVC-1000」 【ヤマハ】 IC3(アイシーキューブ) 【キヤノンITソリューションズ】 中規模遠隔会議用スピーカーフォン 『Jabra SPEAK 810』 【GNネットコムジャパン】 Web会議システム Cisco WebEx 【ネットワンパートナーズ】
Web会議 Web会議 Web会議 Web会議 Web会議
Skypeと固定電話を統合、ハイブリッド通話システムの実力は? マイクとスピーカーを独立させ、低音から高音までクリアに再生できるスピーカーをディスプレイの前に置くことで映像と音声の一体感を生み出し、スムーズなWeb会議を実現。 社内普及しやすいWeb会議システム
●優れた音声品質
●操作が簡単
●狭帯域に強い
●設定・管理が簡単
最大15人の中規模会議に適したスピーカーフォン。コンパクトデザインや直感的な使いやすさ、優れた音声品質により、様々なシーンで生産性の高い遠隔会議を実現。 パソコンやスマートフォン、タブレット端末などを活用して、どこでもミーティングが可能なWeb会議システム。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063475


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > Web会議 > Web会議のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ