採用:ペイロール、東急ハンズのマイナンバー対応業務を受託

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:ペイロール、東急ハンズのマイナンバー対応業務を受託


掲載日:2015/08/24


News

 株式会社ペイロールは、株式会社東急ハンズのマイナンバー対応業務を受託したと発表した。

 ペイロールは、給与計算アウトソーシングを行なう企業。同社が3月より提供している「マイナンバー管理サービス」は、社会保障と税の共通番号制度(マイナンバー制度)の施行に備え、事業会社を対象に、従業員や扶養家族などのマイナンバーを管理するために独自開発したソリューションサービス。

 同サービスでは、番号法ガイドラインに準拠した安全管理措置を講じたマイナンバーセンター(北海道江別市)で番号収集、保管などを行ない、マイナンバーの取扱いをクライアント企業から分離(企業担当者の手を介さずに従業員から直接回収/本人確認を実施)することを基本スキームとしている。また、給与計算アウトソーシングで培った大量処理業務フローのオペレーションシステムを基に、従業員/報酬支払者と直接対応を実施することで、マイナンバーの収集/管理にともなう業務負担を解消できると述べている。

 東急ハンズは、全国の各店舗に在籍している従業員とその扶養家族やアルバイトからマイナンバーの収集/管理に対応する必要があるほか、各地で採用する短期のアルバイトも多いため、採用の都度、マイナンバーの収集を行なう必要があるという。特に、毎年8月下旬に開催される年1回のバーゲン“ハンズメッセ”の際に、大量のアルバイト雇用が発生しているため、業務が煩雑になっていくことが予想されると伝えている。

 今回、同社では入退職者の変動にともなう業務の煩雑化を軽減するため、収集、保管から廃棄に至るまでの運営管理に対応した同サービスを採用したと述べている。採用では、ガイドラインに準拠した安全管理措置がとられていることなどを評価したと述べている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「人事管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「人事管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「人事管理システム」関連の製品

グローバル人材マネジメントサービス Cultiiva Global/HM 【NEC】 STAFFBRAIN(人事給与、勤怠管理、ワークフロー) 【電通国際情報サービス】 kaonavi(カオナビ) 【カオナビ】 労務管理システム 「jinjer労務」 【ネオキャリア】 POSITIVE(タレントマネジメント、人事給与、勤怠管理) 【電通国際情報サービス】
人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム
社員のプロファイルを見える化。人材マネジメントに関わる目標管理、パフォーマンス管理、キャリア開発、後継者管理などを効率的に実行し、人材戦略の実行を支援する。 1000社の導入実績を持つ人事・給与・就業パッケージ。
ユーザニーズに応える柔軟性・拡張性で、ノンカスタマイズ導入が可能。
経営と現場が人材情報を共有し、顔写真を見ながら人員の評価・配置・抜擢をスピーディに行うことができるクラウド型人材マネジメントシステム。 社会保険の各種手続きをオンライン化する労務管理システム。
書類の作成/申請がWeb上ででき、従業員情報、扶養家族、住所変更、社会/健康保険などの情報も一元管理できる。
1400社導入実績で培ったノウハウを活かした製品。人事・給与・就業管理だけでなく、タレントマネジメント支援やグローバル人事など広範な機能を網羅した統合人事パッケージ

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063443


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ