提携:ETとNSW、内部不正防止ソフトをNSWのIaaSで提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:ETとNSW、内部不正防止ソフトをNSWのIaaSで提供


掲載日:2015/08/20


News

 エンカレッジ・テクノロジ株式会社(ET)と日本システムウエア株式会社(NSW)は協業し、NSWのクラウドサービスで、マイナンバー制度に求められる安全対策を備えたETの内部不正防止ソフトウェア「ESS AdminGate」の提供を8月に開始する。

 「ESS AdminGate」は、システムを管理するための特権IDと、その証跡を管理するソフトウェア。管理者権限を使用してシステムにアクセスするシステム保守・運用者などの利用者に対し、承認ワークフローに基づいて特権IDを貸与することで、パスワードを隠ぺいしたままでアクセス制御を行なえるほか、アクセス内容を動画形式で記録・保管できる。重要システムに対して同製品を適用することで、システム管理者の不正行為に起因するシステム障害や情報漏洩に対処できる。

 今回、NSWは、同社のIaaS(Infrastructure as a Service)サービス「BlueSpider」でのクラウドセキュリティ対策サービスとして、「ESS AdminGate」を活用した内部者の不正防止サービスを提供する。これにより、特権ID管理とNSWの運用ノウハウ、ITIL準拠の運用設計サービス、運用統合監視サービスをあわせて、システムの重要度に応じた適切な情報管理が提供される。

 なお価格は、初期費用3万円、サーバー1台あたり月額1万2000円(100Mbpsベストエフォート回線使用料を含む)。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

脅威分析で特権アカウントを保護、自動的に脅威を緩和するための4つのステップ 【CA Technologies】 「内なる脅威」を引き起こしているのは誰か? 実態調査で見えた防衛のポイント 【CyberArk Software】 ID・アクセス管理 「Identity Governance & Administration」 【EVIDIAN-BULL JAPAN】 IoT機器への脅威が増大、狙われやすい「特権アカウント」をどう守る? 【CA Technologies】 サイバー攻撃からビジネスを守るために知っておきたい「キルチェーン」とは 【CA Technologies】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
脅威分析で特権アカウントを保護、自動的に脅威を緩和するための4つのステップ 「インサイダー脅威」の犯人は誰か? 調査で見えた意外な弱点 デジタルアイデンティティ管理機能、拡張RBACモデルによるロールベースのアクセス管理機能等を提供するオールインワンのID管理ソリューション。 IoT機器への脅威が増大、狙われやすい「特権アカウント」をどう守る? サイバー攻撃からビジネスを守るために知っておきたい「キルチェーン」とは

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063394


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ