採用:中国銀行、収益管理業務システムにテラデータのDWH等採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:中国銀行、収益管理業務システムにテラデータのDWH等採用


掲載日:2015/08/19


News

 日本テラデータ株式会社は、株式会社中国銀行が、収益性/業務効率性の向上を目指し、収益管理システムとして、日本テラデータのデータウェアハウス(DWH)アプライアンス/収益管理ソリューション/検索用BIツールを採用したと発表した。

 日本テラデータが提供する「Teradata Value Family」は、資金粗利益/役務収益/経費/信用コストをそれぞれ取引口座単位に計測/保有し、信用リスク経費控除後ベースの収益管理を可能にするソリューション群。金利/資金シナリオを使用したシミュレーションや予算策定/予実管理、顧客別や商品別/営業店別の採算シミュレーション機能などを備えていて、金融機関の様々な業務を支援する。全行の統一的な計数/指標を、経営層から担当者まで共有することにより、本部での指標管理のほか、営業店まで含めたトータルな統合収益管理システムを提供する。

 中国銀行では、顧客別/商品別/地域別など、様々な切り口で銀行の収益を一元化して把握、シミュレーションし、営業店向けの予算計画立案を高度化したいと考えていたという。従来の収益管理システムではアプリケーションを構築していたため、データ分析の機動性、柔軟性に課題があったとしている。

 今回、DWHアプライアンス「Teradata Data Warehouse Appliance 2750」を採用し、更に「Teradata Value Family」及び検索用BIツール「AccessNavigatorWeb」を導入/構築したと伝えている。採用においては、国内での様々な導入実績とデータ活用のコンサルティング能力を評価したという。

 導入後は、日次での収益管理/予算シミュレーションの実行/容易な分析ができるようになり、経営方針を素早く業務に反映することが可能になるとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「特定業種向けシステム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「特定業種向けシステム」関連情報をランダムに表示しています。

「特定業種向けシステム」関連の製品

資金管理 決済ソリューション 「BankingGate」シリーズ 【NTTテクノクロス】 業種特化 物流ソリューション 【東計電算】 総合保育業務支援システム Kid's View(キッズビュー) 【ソフトバンク コマース&サービス】 食品業向け販売・製造管理システム Sky-Mart 【東計電算】 SEALS融資システム 【SCSK】
特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム
リアルタイム送金を実現するBankingGate for ANSER-CLA、マルチバンク、システム連携でシームレスな資金管理を実現するBankingGate for eBAgentからなる決済ソリューション。 販売管理、運行管理、庫内管理、財務管理、勤怠管理、人事給与管理のサブシステムをオープン&シームレスにつなげる物流業向けERPシステムなどのソリューションを提供。 厚生労働省の補助金で導入することもできる保育業務支援システム。園児の出欠状況確認、職員情報の管理、クラスごとの出席簿作成、園児の成長の記録などが効率的に行える。 受注・売上・発注・仕入・製造・在庫・債権・債務・売掛・買掛を1システムで統合管理できる、食品業向け販売・製造管理システム。 融資の申込み/契約の登録/融資実行/請求/回収/延滞債権の管理/ 返済条件の変更/決算処理/各種照会など、企業融資の業務全般をサポート。
貸金業社版、生命保険会社版を用意。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063386


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 特定業種向けシステム > 特定業種向けシステムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ