シャープ、屋外でも容易に無線LAN環境を構築できるAPを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


シャープ、屋外でも容易に無線LAN環境を構築できるAPを発売


掲載日:2015/08/19


News

 シャープ株式会社は、屋外公共スペースや商業施設、リゾートホテル/教育施設/病院/レストラン街の共有スペースなどで、容易に無線LAN環境を構築できる無線LANアクセスポイント(AP)「QX-C300」シリーズ4モデルを2016年1月に発売する。価格は33万5000円。

 「QX-C300」シリーズでは、増設のためのLAN配線工事が不要で、機器間を無線電波で中継することによりサービス提供エリアを拡大できる“無線バックホール方式”を採用している。ラインアップは、標準モデルの「QX-C300」(標準アンテナ使用)と「QX-C300H」(長距離平面アンテナ使用)、4.9GHz帯対応モデルの「QX-C300J」(標準アンテナ使用)と「QX-C300JH」(長距離平面アンテナ使用)が用意されている。

 中継する際に電波の減衰が少なく、高速接続を維持できる。安定した接続が可能な5GHz帯(IEEE 802.11ac)にも対応する。また、航空管制など優先される無線を検知した際に通信サービスの停止を可能な限り回避する“レーダースキャナ機能”や、電波状況を常に感知しながらネットワーク上の機器間で適切な利用チャネルやルートを選択する自律式チャネル制御機能も搭載している。屋外での設置も可能な防水/防塵設計(IP66準拠)が採用されているほか、オプションとして設置環境に応じて選択できる様々なアンテナ(指向性アンテナ/無指向性アンテナ/長距離伝送用平面アンテナ)が用意されている。

 無線機能を搭載した監視カメラやデジタルサイネージ、Sub-GHz無線に対応した温度/湿度/人感などの各種センサからの情報を収集することで、様々なサービスやソリューションの構築が可能になる。設計設置やサーベイを支援するシミュレーションツールや、ネットワークを構成するアクセスポイントの一括設定、動作状況の確認を行なえる管理ツール「無線LANソフトウェアコントローラー」が提供されるほか、ネットワークやハードウェアに異常が発生した際は管理者へメール通知するサービス「無線LANリモート監視サービス」も提供可能。


出荷日・発売日 −−−
価格 33万5000円

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アクセスポイント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アクセスポイント」関連情報をランダムに表示しています。

「アクセスポイント」関連の製品

D-Link クラウド管理型 Wi-Fiソリューション DBA-1510P 【ディーリンクジャパン】
アクセスポイント
無線LANをクラウドから一元管理する次世代ソリューション「D-Link Business Cloud」に対応した無線LANアクセスポイント。

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063372


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > アクセスポイント > アクセスポイントのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ