GMOグローバルサイン、マイナンバー利用の本人確認サービス提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


GMOグローバルサイン、マイナンバー利用の本人確認サービス提供


掲載日:2015/08/18


News

 GMOグローバルサイン株式会社は、2016年1月のマイナンバー制度の運用開始にともなって交付される“個人番号カード”の情報を活用し、銀行口座開設やサービス会員登録時の本人確認を可能にする「オンライン本人確認サービス」の提供を2015年中(予定)に開始する。

 「オンライン本人確認サービス」では、“個人番号カード”をカードリーダで読み取ることで、迅速に本人確認を可能にする。金融機関での口座開設や、サービス利用にともなう会員登録で本人確認が必要な場合、免許証・健康保険証の提示やコピーの郵送にかかる時間・コストの削減を図れる。

 “個人番号カード”のICチップ内に格納される電子証明書(署名用電子証明書・利用者証明用電子証明書)は、インターネットを通じた各種申請や届出を行なう際、なりすましやデータ改ざんを防ぐために用いられる。同電子証明書は、有効期間の満了や転居等で住民票の記載内容が変更されると即座に失効されるため、電子証明書の有効性を確認することで最新の情報に基づいた本人確認を行なえる。

 同社は、“個人番号カード”の電子証明書の有効性確認に関する認定事業者申請を行ない、認定後は2015年中を目処に有効性確認用のプラットフォームを構築して民間企業向けに「オンライン本人確認サービス」として提供する予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

FutureNet RA-1200/RA-730 【センチュリー・システムズ】 指ハイブリッド認証 【NEC】 RADIUSアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】 Entrust(R) Web認証・アクセス制御ソリューション 【エントラストジャパン】 知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 【日本マイクロソフト】
認証 認証 認証 認証 認証
大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 「指紋」と「指静脈」を組み合わせた複合型認証技術。非接触型指ハイブリッドスキャナ、OSログイン用ソフトウェア、アプリケーション組み込み用ソフトウェアなどで構成。 Made in JAPANの省電力RADIUSアプライアンスサーバ。シリーズ全製品が異拠点間での冗長構成が可能。多様な認証方式、IPv6に対応。外部AD連携機能標準搭載モデルも用意。 世界中1000万以上のユーザを持つ認証セキュリティ強化ソリューション。
コスト効率に優れ様々な認証を組み合わせ利用可能。
スマートフォンOS対応トークンも提供。
知っていますか? 認証プロトコルの違い――4種類の特徴と用途

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063343


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ