エプソン、会計事務所の記帳代行業務を省力化するサービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エプソン、会計事務所の記帳代行業務を省力化するサービスを提供


掲載日:2015/08/18


News

 エプソンは、会計業務の効率化を支援する「会計Weplat(ウェプラット)」の新サービスとして、会計事務所の記帳代行業務の省力化・効率化を支援する「クラウドスキャンサービス」の本格的な提供を2016年春に開始する。

 「会計Weplat」は、会計事務所と顧問先企業を支援するための「クラウドデータ共有サービス」、「クラウドバックアップ」、「VPNモバイルサービス」、「プログラム自動ダウンロード」のサービスを提供するクラウドプラットフォーム。

 今回の新サービス「クラウドスキャンサービス」を利用して、スキャンデータを「会計Weplat」にアップロードすることで、会計事務所はタイムリーに伝票のデータを入手できるようになり、顧問先企業の帳票や証憑などのコピーを郵送や巡回監査で回収していた業務を省力化できる。

 複数枚の伝票をまとめてスキャンし、定額従量料金でのプリントサービス「エプソンのスマートチャージ」やビジネスインクジェットプリンタ複合機の“スキャン to クラウド機能”を利用してパネル操作をすることで、直接「会計Weplat」にデータをアップロードできる。また、会計事務所員の巡回監査時であれば、同社のWi-Fi対応モバイルスキャナでスキャンしたデータを、タブレットやスマートフォン経由でアップロードすることもできる。

 複数枚の伝票をまとめてスキャンした後、「会計Weplat」で伝票を自動認識して1枚ずつ切り出して処理でき、スキャンデータをPDF化して顧問先企業ごとに保管できる。切り出された伝票のPDFファイルは、会計ソフト「事務所管理顧問R4」や富士ゼロックス株式会社の「DocuWorks8」で、顧問先企業ごとにダウンロードすることができる。会計事務所で「エプソンのスマートチャージ」やビジネスインクジェットプリンタ複合機を利用している場合は、「会計Weplat」での各種切り出し作業が完了すると同時に、伝票を自動印刷することもできる。

 また、2015年10月(予定)には、データ化された関連資料を顧問先ごとに分類し、電子ファイリングされたデータを顧問先企業・担当者・業務など15項目で検索できる機能が「事務所管理顧問R4」に追加される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「会計システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「会計システム」関連情報をランダムに表示しています。

「会計システム」関連の製品

MJSLINK NX-I 【ミロク情報サービス】 財務の視点から見る、ITで競争優位を生み出すための7つの注力分野 【キリバ・ジャパン】 資金管理 決済ソリューション 「BankingGate」シリーズ 【NTTテクノクロス】 経費精算ワークフロー for SuperStream-NX 【キヤノンITソリューションズ】 領収書の自動取得からICカード対応まで、経費精算の注目機能を低コストで導入 【マネーフォワード】
会計システム 会計システム 会計システム 会計システム 会計システム
上場準備を支えた影に会計システムあり。きめ細かな訪問指導で問題も解決。 財務の視点から見る、ITで競争優位を生み出すための7つの注力分野 リアルタイム送金を実現するBankingGate for ANSER-CLA、マルチバンク、システム連携でシームレスな資金管理を実現するBankingGate for eBAgentからなる決済ソリューション。 会計・人事ソリューションSuperStreamと連携して利用でき、将来的な拡張も可能な経費精算の申請・精算のソリューション。 領収書の自動取得からICカード対応まで、経費精算の注目機能を低コストで導入

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063342


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ