X-Mobile、MVNOサービスで通話料定額のプランを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


X-Mobile、MVNOサービスで通話料定額のプランを出荷


掲載日:2015/08/13


News

 エックスモバイル株式会社(X-Mobile)は、MVNO(Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者)の低コスト携帯電話サービス「もしもシークス」で、通話料定額のプランの出荷を9月4日に開始する。

 今回の新しい料金プランでは、スマートフォン向けの「かけたい放題」と、法人向けの「かけたい放題 for Business」が用意されている。

 両プランには「基本コース」のほか、「あんしんコース」と「まんぞくコース」の2つの追加プランがある。いずれも国内無料通話とdocomoのLTE通信を含んでいる。

 「かけたい放題」の「基本コース」では、1回あたり3分以内の通話(月30回まで)と、1GBのデータ通信を含み、価格は月額1980円。

 「あんしんコース」では、1回あたりの通話が5分以内(月30回まで)、データ通信が7GB(7GBの利用後も200Kbpsでパケット定額)になり、価格は月額2980円。

 「まんぞくコース」では、7GBのデータ通信に加え、通話が1回あたり10分以内(月100回まで)になる。価格は月額3980円(いずれもインターネット接続料/パケット定額料/テザリング料を含む)。

 「かけたい放題 for Business」の「基本コース」では、1回あたり3分以内の通話(月30回まで)と、1GBのデータ通信を含み、価格は1980円。

 「あんしんコース」では、1GBのデータ通信に加え、1回あたりの通話が5分以内(月100回まで)、データ通信が1GBの利用後も200Kbpsでパケット定額になる。価格は月額2980円。

 「まんぞくコース」では、通話が1回あたり10分以内(月200回まで)になり、データ通信も7GBに増量される。価格は月額3980円。

 定額の分数/回数の経過後は30秒19.9円の通話料が発生する。なお、通信料の1%が途上国の通信発展のために提携NPO法人を通じて寄付される。

 また、同サービスと同時にスマートフォン「BlackBerryCLASSIC」の出荷も開始する。価格は4万9800円。

 専用のプレフィックス回線に自動接続されるアプリケーションがプリインストールされて出荷される。プリインストール未対応の機種は、インストールの案内が同封される。SIMカードのみを契約するユーザには、各アプリマーケットからのダウンロード方法の案内が同封される。


出荷日・発売日 2015年9月4日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「モバイル通信サービス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「モバイル通信サービス」関連情報をランダムに表示しています。

「モバイル通信サービス」関連の製品

法人MVNOサービスの実態を解説。データシェアやM2M対応が主流に 【ニフティ】
モバイル通信サービス
気になる法人MVNOサービスの実態を解説――データシェアやM2M対応が主流に

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063291


IT・IT製品TOP > 通信サービス > モバイル通信サービス > モバイル通信サービスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ