SSTC、1ラック最大1.8PB/スループット最大200GBpsのNASを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SSTC、1ラック最大1.8PB/スループット最大200GBpsのNASを出荷


掲載日:2015/08/13


News

 スケーラブルシステムズ株式会社(SSTC)は、PanasasのハイブリッドスケーラブルNASアプライアンス「ActiveStor 18」の出荷を9月(予定)に開始する。

 「ActiveStor 18」は、8TBのディスクドライブテクノロジーを採用したことで、1ラック最大1.8PB(4uエンクロージャあたり181.2TB)の大容量を達成でき、システムの最大スループットが200GBpsに強化されているほか、CPU性能とストレージキャッシュ容量も強化され、複雑なワークロードでのパフォーマンスが向上している。また、SSD/キャッシュ容量の異なる複数の製品構成に対応する。

 ハイブリッドのストレージハードウェア、ファイルシステム、プロトコルを統合したソリューションで、優れたスケールアウトアーキテクチャを提供する。大容量のSATA HDDと高速のSSDドライブを組み合わせることで、ファイルサイズの大小を問わず高速でアクセスでき、複雑なワークロードでも優れたパフォーマンスを提供する。

 2600台のHDD、1300台のSDDを搭載できる130シェルフの構成で、グローバルネームスペースを利用した1つの大規模仮想ストレージプールを提供でき、ストレージ管理の簡素化を図れる。複雑なワークロード、メタデータやサイズの小さなファイルの処理速度が最大20%向上しているほか、1ラック2.7TB(4uエンクロージャあたり272GB)に増強されたストレージキャッシュ容量を備えている。また、CPU処理速度が19%向上している。

 マルチプロトコルをサポートし、PanasasのDirectFlowに加え、NFS(Network File System)やSMBに対応している。また、RAID 6+3重パリティデータ保護機能を備え、ソフトウェアに装備された冗長符合を利用して個々のファイルごとに分散されたRAIDアーキテクチャに対応し、ストレージ容量のスケールアウトにともなって信頼性と可用性がリニアに向上する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

SSDを超えた2次元RAIDのオールフラッシュストレージの実力を探る 【日本アイ・ビー・エム】 ハイブリッド型ストレージ Nimble Storage 【アセンテック】 SSDがオールフラッシュストレージのベストな選択といえるのか? 【日本アイ・ビー・エム】 データ保全アプライアンス STOREND 【アーク・システムマネジメント】 オールフラッシュストレージが、コスト削減にも効く意外な理由 【日本アイ・ビー・エム】
NAS NAS NAS NAS NAS
SSDを超えた「2次元RAID」のオールフラッシュストレージの実力を探る フラッシュメモリを最適に活用する独自技術「CASL」により高速性とコスト効率を両立するハイブリッド型ストレージ。2010年の発売からわずか3年で世界の1750社が導入。 SSDがオールフラッシュストレージの“ベスト”な選択といえるのか? 専門知識なしでデータバックアップ/リカバリーが行えるNAS。
ハイエンド製品と同様の機能・容量を備えながら、コストを抑えて提供。
オールフラッシュストレージが、基幹系システムのコスト削減にも効く意外な理由

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063288


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ