I-Oデータ、処理速度が向上し重複除去も可能な2ドライブNAS出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


I-Oデータ、処理速度が向上し重複除去も可能な2ドライブNAS出荷


掲載日:2015/08/12


News

 株式会社アイ・オー・データ機器(I-Oデータ)は、処理速度の向上を図った2ドライブビジネスNAS「HDL-Z2WLI2」シリーズの出荷を9月上旬(予定)に開始する。

 「HDL-Z2WLI2」シリーズは、Windows Storage Server 2012 R2の「Standard Edition」を搭載している。接続ユーザ数は無制限で、データ重複除去機能で容量を節約できるなど、大企業の部門用途や中小企業での利用に適している。

 CPUにはCore i3を採用し、8GBのメモリを搭載することで処理速度の向上が図られていて、PC100台の同時接続にも対応できる。また、低振動・省電力なNAS用HDD「WD Red」を搭載し、HDDも含めた3年保証が提供される。

 装置容量2TBから12TBまでの5モデルが用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

「ハイパフォーマンスなストレージは高い」はもう古い 【日本ヒューレット・パッカード+他】 SSDを超えた2次元RAIDのオールフラッシュストレージの実力を探る 【日本アイ・ビー・エム】 「データレイク」設計のカギとなる3種類のストレージ 【日本アイ・ビー・エム】 SSDがオールフラッシュストレージのベストな選択といえるのか? 【日本アイ・ビー・エム】 高速性・信頼性・経済性を追求、高密度SSD対応フラッシュストレージの実力は? 【日本ヒューレット・パッカード+他】
NAS NAS NAS NAS NAS
いま買い換えるならオールフラッシュ一択だ。しかし、運用が煩雑になるならば手を出しにくい。では、運用効率のよいハイエンド品が予算の範囲で手に入るならどうだろうか。 SSDを超えた「2次元RAID」のオールフラッシュの実力を探る 適切に管理し活用する「データレイク」とは? SSDの限界点と、オールフラッシュストレージの真価の引き出し方 高速性・信頼性・経済性を追求、高密度SSD対応フラッシュストレージの実力は?

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063274


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ