Code for Tokushima、阿波おどりの連の位置が分かるアプリ開発

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Code for Tokushima、阿波おどりの連の位置が分かるアプリ開発


掲載日:2015/08/12


News

 Code for Tokushimaは、スマートフォンアプリ「連の位置がリアルタイムで分かるアプリ」を開発し、同サービスを徳島市阿波おどりで行なうと発表した。

 Code for Tokushimaは、徳島に在住するエンジニアや様々な専門家により構成され、テクノロジーによる地方創生や課題解決の推進を目的としたシビックテック団体。

 阿波おどり期間中は、街に点在する演舞場に“連”(おどりグループ)が移動し踊りを披露する。今回、Code for Tokushimaでは、街全体を使って祭りを楽しめるアイデアとして、連の位置をリアルタイムで把握できるアプリが求められているとして、同アプリの開発及びビーコン機器(iBeacon/Eddystone)の設置を行なうと伝えている。

 iBeaconは、Apple社によるビーコン規格で、特定の信号を数十メートル発信でき、この信号をアプリが受信することで様々な動作を行なえる。一方、Eddystoneは、7月に発表されたGoogle社によるオープンソースのビーコン規格。URLを発信できるため専用アプリ不要で情報配信を行なえる。

 ビーコン機器については、芳和システムデザイン社製の「BLEAD」が、同社及びOpen Beacon Field Trial(日本Androidの会)の協力により、50台以上提供され設置したと伝えている。また、iBeacon受信専用アプリとして、場所と連動したコンテンツの閲覧や位置の送信を行なえる、株式会社GTラボの「びこり!」を採用したと述べている。ほかにも、阿波おどりのスマートフォン向けWebコンテンツや、“連”の位置がリアルタイムで分かる地図の“連レーダー”を開発したと伝えている。

 なお、2015年度は一部の“連”から協力を得て情報を提供し、踊り子たちが円を組み即興で踊り合う“輪踊り”スポットについても限定的となるとしている。2015年度の成果をもって2016年以降に提供範囲を広げ、優れたアプリや体験などを提供していきたいと考えていると述べている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063273


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > GPS > GPSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ