SCSK、ERPをマイナンバー制度に対応し個人番号管理機能を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SCSK、ERPをマイナンバー制度に対応し個人番号管理機能を提供


掲載日:2015/08/12


News

 SCSK株式会社は、ERPパッケージ「ProActive E2」で、マイナンバー制度対応機能の提供を9月から順次開始する。

 今回のマイナンバー対応では、人事部などの所管部門の個人番号収集負荷を軽減するために、従業員が直接、同ERPに個人番号を入力して申請できる“セルフエントリー機能”が提供される。申告用ファイルを使用して、所管部門が一括で取り込むこともできる。

 従業員にかかわる税/社会保障で必要になる各種法定調書の様式に対応する。同じ法定調書でも利用目的により出力内容が異なるため、個人番号の出力制御により、目的外利用の禁止を支援する。

 安全管理措置への対応として、個人番号の暗号化には、CRYPTREC暗号リスト(電子政府における調達のために参照すべき暗号のリスト)に記載されたアルゴリズムが採用されている。各機能のアクセス制御や、個人番号の利用状況を追跡できるアクセスログ管理のほか、削除対象情報の特定と削除処理、削除履歴の管理などの機能も提供される。

 9月に提供開始するのは、セルフエントリー/番号管理/アクセス制御などの各機能。法定帳票は、法令の施行に合わせて順次提供する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

グローバル対応ERP Exact Globe Next 【JBA ITソリューション】 IFS Applications 製造業向けソリューション 【IFSジャパン】 日本発グローバルERP「A.S.I.A.(エイジア)」 【東洋ビジネスエンジニアリング】 事例で見る、ERPの第三者保守への切り替えメリットとは? 【シーエーシー】 Microsoft Dynamics NAV (ERP/基幹システム) 【パシフィックビジネスコンサルティング】
ERP ERP ERP ERP ERP
会計/販売/購買/在庫/プロジェクト管理を標準装備し、各業務で必要な機能を網羅しているため、カスタマイズを最小限に抑え、低コスト・短期間での導入が可能なERP。 各種製造業(組立型/プロセス型)やエンジニアリング業向けERP。様々な生産方式、複数拠点管理、多言語に対応。プロジェクト管理も充実。随時拡張可能なコンポーネント型。 多言語・多通貨対応で、22の国と地域・430社への導入実績を持つ純国産ERP。低コスト、短納期でのノンカスタマイズ導入・クラウドサービスも提供可能。 基幹系システムの保守は欠かせないものだが、コストは頭の痛い問題だ。ベンダー以外の事業者による「第三者保守」の可能性を、ユーザー企業の事例から探りたい。 世界150ヵ国で11万社以上の導入実績。126言語、43ヵ国以上の商習慣に対応したマイクロソフトの中堅・中小企業向けグローバルERP。直感的な操作性と高い柔軟性が特長。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063263


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ