矢野経済研究所、プリンター世界市場に関する調査結果を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


矢野経済研究所、プリンター世界市場に関する調査結果を発表


掲載日:2015/08/11


News

 株式会社矢野経済研究所は、プリンター(出力機器)世界市場の調査を実施したと発表した。

 調査期間は4月〜7月、調査対象はプリンターメーカー・販売店/パートナー・各種部材メーカー。調査方法は矢野経済研究所専門研究員による直接取材/電話・メールによるヒアリング/文献調査を併用している。

 同調査におけるプリンターとは、オフィス向け(ページプリンター[中-低速]、MFP[複合機/複写機]、インクジェットプリンター)、業務用/産業向け(シリアル・インパクト・ドット・マトリクスプリンター[SIDM]、ライン・インパクト・ドットプリンター、ページプリンター[高速]、デジタル印刷機、LFP(Large Format Printer:大判プリンター)、コンシューマ向け(インクジェットプリンター)の各機器を対象とした。

 矢野経済研究所は調査結果サマリーとして3点発表している。1つは、2014年度の世界のプリンター出荷台数は、メーカー出荷ベースで1億898万5000台、2015年度の同出荷台数は前年度比102.0%の1億1116万4000台だと予測すると述べている。2014年度は北米市場で需要の回復が見られたものの、欧州市場には先行き不透明感があったこと、中国や新興国の市場でも経済成長に減速が見られたことなどからプリンターの出荷台数は伸び悩んだという。

 2つめは、2014年度の世界のプリンター出荷金額は、メーカー出荷ベースで6兆6470億円で、プリンターの単価は下落基調にあるが、ユーザ企業側に上位機種への入れ替え需要が見られる機器があることなどから、2015年度の同出荷金額(同ベース)は前年度比101.7%の6兆7620億円になると予測すると述べている。

 3つめは、オフィス向けのインクジェットプリンターは、2014年度の新しいサービス開始の発表により認知が拡大し、ランニングコストなどの面ではレーザープリンターよりも評価されているという。国内市場では、SMB(中小企業)での新規導入、増設が増加基調にあるほか、大手企業がサブマシンとして導入するケースも多くなっていると伝えている。同社では、2014年度から2018年度までのオフィス向けインクジェットプリンターの国内出荷台数の年平均成長率(CAGR)は、24.5%になると予測している。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

“緩やかなネットワーク分離”をかなえる「ISFW」とは 【ネットワールド】 高度なマルウェア対策「データ無害化」「マルチスキャン」とは 【ラネクシー】 文書管理システム DocuMaker Office 【ファインデックス】 ハンディ端末とスマートフォンを1台に統合した倉庫管理システム 【パナソニック株式会社】 複数のデバイスやアプリを使った働き方に最適な環境や管理とは? 【ヴイエムウェア株式会社】
ファイアウォール アンチウイルス 文書管理 SCM VDI
利便性を犠牲にしない“緩やかなネットワーク分離”をかなえる「ISFW」とは? 自治体並みのマルウェア対策を実現する「データ無害化」「マルチスキャン」とは 紙で運用している文書やシステムで記載している文書、Word・Excelで作成している文書などの作成、活用、保存を一元的に統合管理できる文書管理システム。 現場と経営陣の距離を縮める「SAP ERP+スマートフォン」の倉庫管理術 成果の出る職場は「どのデバイスからでも、すべてのアプリが使える」、どう実現
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063251



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ