コンテック、様々な通信機能を内蔵したM2Mコントローラを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


コンテック、様々な通信機能を内蔵したM2Mコントローラを発売


掲載日:2015/08/10


News

 株式会社コンテックは、様々な通信機能をファームウェアに内蔵したクラウド対応のリモートI/Oユニット「CONPROSYS M2Mコントローラ」4種を8月6日から順次発売する。価格は3万9000円から。

 今回発売されるのは、デジタル信号/アナログ信号/シリアル通信に対応したマルチI/Oモデルが2種、デジタル信号の入出力専用モデルが1種、アナログ信号の入出力専用モデルが1種の計4機種。

 監視したい装置に接続し、データ収集用の「CONPROSYSクラウドサービス」とのインターネット接続が完了すれば、クラウドサーバへのデータ送信が開始され、装置の状態監視をすぐに始められる。Modbus/TCPスレーブ応答機能を内蔵しているため、Modbus/TCPをサポートしたPLC(Programmable Logic Controller)などのコントローラからアクセスできる。

 クラウドではなくローカルにデータを収集したいユーザ向けに、Windows用データ収集ソフトウェアが無料ダウンロード提供される。ローカルネットワーク上のPCに複数の同製品からのデータを集めることができる。

 グラフやメーターなどを使ったグラフィカルな表示画面を簡単に作成できるWindows用高機能HMIソフトウェア「ACTIVE TOUCH」が用意され、同製品に対応した機能制限版が無料ダウンロード提供される。現地での見える化をサポートする。

 入力データの演算/条件分岐/信号出力制御などのスクリプトを記憶させて実行できる。スクリプトはフローチャートを書いていくイメージで作成できるため、プログラミングの専門知識が不要で簡単に作成できる。

 OPC-DA 2.0/3.0に対応したWindows用OPCサーバソフトウェアが無料ダウンロード提供される。OPC対応のSCADA(Supervisory Control And Data Acquisition)とのデータ通信が可能で、OPC対応の様々な機器と連携できる。

 同社の省配線リモートI/Oシステム「F&eIT」シリーズと同様にWindows用のAPIがダウンロード提供され、「F&eIT」と同様の関数体系でプログラミングができる。

 周囲温度-20〜60度の環境に対応する。また、ハブ不要のデイジーチェーン(数珠つなぎ)接続式で、35mm DINレールに対応する。


出荷日・発売日 −−−
価格 3万9000円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他ネットワーク関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ネットワーク関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ネットワーク関連」関連の製品

DHCPアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】
その他ネットワーク関連
Made in JAPANの省電力DHCPアプライアンスサーバ。シリーズ全製品、異拠点間での冗長構成が可能。IPv6対応、設定やセキュリティ機能も充実。DNSサーバ機能搭載

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063223


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > その他ネットワーク関連 > その他ネットワーク関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ