サイバネット、HDD暗号化ソフトで統合管理を強化した新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サイバネット、HDD暗号化ソフトで統合管理を強化した新版を発売


掲載日:2015/08/07


News

 サイバネットシステム株式会社(サイバネット)は、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社のハードディスク(HDD)暗号化ソフトウェア「Check Point Full Disk Encryption」(Check Point FDE)で、統合管理を中心に機能を強化した新バージョン「E80.51(EP5.6)」を8月10日に発売する。

 今回の新バージョンでは、従来バージョンのオフライン環境での導入/運用機能を保ちながら、今後更に高度化するPC管理に対応するため、統合管理が可能なクライアント/サーバー型の構成になった。これにより、利用者の利便性とIT管理者の運用効率の向上が図られている。なお、従来型の運用を希望するユーザ向けに、管理サーバ不要な独自パッケージも提供される。


出荷日・発売日 2015年8月10日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

機密情報ファイルの漏洩対策 DataClasys(データクレシス) 【ネスコ】 個人情報検出・暗号化ソリューション 【ネスコ】 「ファイル暗号化」が徹底できない原因は“利用者任せ”の姿勢にあった? 【日本電気】 payShield HSM ファミリー 【タレスジャパン】 ファイル暗号化の落とし穴、「まさか」を防ぐ4つのポイント 【日本電気】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
様々なファイルの暗号化・利用権限設定により、情報漏洩を防止するDRM・IRM製品。権限者は暗号化したまま通常操作で利用可能。海外拠点からの二次漏洩も防止できる。 マイナンバーや個人情報を検出する「P-Pointer」と、ハイレベルのセキュリティを実現するDRM製品「DataClasys」とを組み合わせたソリューション。 「重要情報を含むファイルは保護すること」などのルールがあるのに、強制力がなく機能していないケースがある。それはなぜなのか。有効なファイル保護の具体策とは。 カード発行・決済取引に特化したアプリケーションと組み合わせて利用するHSM。国際ブランドはもちろんEMV・PCI・Global Platformなど金融関連のセキュリティ標準を満たす。 ファイル暗号化の落とし穴、「まさか」を防ぐ4つのポイント

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063218


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ