トレジャーサンジャパン、Windows専用の高速リカバリソフト発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


トレジャーサンジャパン、Windows専用の高速リカバリソフト発売


掲載日:2015/08/06


News

 トレジャーサンジャパンは、Windows専用の高速リカバリソフト「1Sec Recovery」法人2タイプの機能強化を行ない、同社のWebサイト“イープレミアム”で発売した。

 「1Sec Recovery」は、法人の管理者またはIT担当者が、業務リスクを低減するために利用できるリカバリソフト・ダウンロード版。PCのシステムクラッシュで重要な情報が完全に失われる前にデータを復旧し、ウイルス除去などを行なった上で元の状態に戻せ、企業での保守業務やシステムの効率化を図れる。

 外部ドライブ不要でPCを復旧できる。全ファイルの更新をモニタし、仮想スペースで保護することで、DLLファイルの破損などOSに深刻な問題が起きた場合でも、100%(物理的な障害除く)の復旧率で元の状態に戻せ、システムとデータを、ユーザが作成したセーブポイント時点に1秒で復旧できる。

 外部要因に加え、HDDやマザーボードの経年劣化で、徐々に調子が悪くなった場合にも対処できる。OSファイルが破損していた場合も、Word/Excelなどのアプリで制作していた元データを復旧し、同時にウイルスやマルウェアを除去できる。

 価格は、1台のPCのみに使用できる「通常コース」は1万1000円、システム管理者向けサービスで、PC1台にLAN接続した254台までを管理できる「特別コース」は1万5000円。また、複数本数の申込みで10%以上の割引が適用される“法人割引優遇制度適用”も用意されているほか、“イープレミアム”では、同システムでデータを復旧できなかった場合に、Webサイト限定特典として“全額返金保証”も行なっている。


出荷日・発売日 2015年8月5日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

災害時のデータ復旧に自信は持てる? DR対策を効率化するための5つの原則 【CommVault Systems Japan】 統合バックアップソリューション 「Backup Exec」 【ベリタステクノロジーズ】 Acronis Backup 【アクロニス・ジャパン】 統合データ保護ソリューション 「Veritas NetBackup」 【ベリタステクノロジーズ】 そのバックアップ、ランサムウェア対策になっていますか? 【アクロニス・ジャパン】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
災害時のデータ復旧に自信は持てる? DR対策を効率化するための5つの原則 幅広いプラットフォームとアプリケーションに対応する統合バックアップソリューション。台数ベースライセンスのほか、容量課金、仮想環境向けソケット課金にも対応。 ディスクイメージング技術とベアメタル復元技術に基づいたディザスタリカバリとデータプロテクションを実現する統合ソリューション。物理/仮想の混在環境にも対応。 データの保存場所がオンプレミスかクラウドかに関係なく、コストとリスクを抑えながら必要なサービスレベルを実現するための統合データ保護環境を提供。 ランサムウェアは対岸の火事ではない。国内でも多くの企業が被害に遭い、一時的に事業を停止せざるを得ない状況に追いこまれた。重要なのは「やられる前」の体制作りだ。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063190


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ