オーシャンブリッジ、マルチフォーマットコンバータの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


オーシャンブリッジ、マルチフォーマットコンバータの新版を発売


掲載日:2015/08/03


News

 株式会社オーシャンブリッジは、OfficeファイルやPDF/TIFFなどの画像データ、CAD図面データなど、様々なフォーマットのファイルを、PDFやTIFF、JPEGなどに自動変換するマルチフォーマットコンバータ「Blazon(ブレイゾン)Enterprise」の新版「7.3」を発売した。

 「Blazon Enterprise」は、ファイルを自動変換したり、異なる形式のファイルを集約して新たなファイルを生成できる。文書/図面管理システム、PDM(製品データ管理)、ワークフローシステムといった様々なシステムへ組み込める。セキュリティ機能を持った“CSF”という暗号化ファイル形式に変換することで、情報漏洩対策としても利用できる。

 今回の新版では、従来のOfficeアプリケーションから仮想プリンタに印刷をする変換方式に加え、OfficeアプリケーションからXPS形式のファイルを書き出し変換する方式にも対応し、OfficeファイルからPDFなどのフォーマットに変換する際の速度や精度の向上が図られている。

 EML形式とMSG形式のファイルの変換に対応した。これにより、重要な記録として残しておく必要のあるメールや、プロジェクトでの一連のやり取りが記録されたメールなどをPDFなどのフォーマットに変換し、保存できる。また、複数のメールファイルや、EML形式とMSG形式の異なるメールファイルを1つのPDFなどにまとめられる。

 AutoCAD 2015形式の変換や、Windows Server 2012 R2に対応したほか、オラクル社のAutoVueとアドビシステムズ社のAcrobat XFDFのマークアップから、IGCマークアップ形式への変換に対応した。

 分かりやすいインターフェースのツール上からローダー構成のカスタマイズが可能になった。また、cancelidプロパティが廃止され、requestidプロパティに置き換えられた。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

文書管理ソリューション 「MyQuick」 【インフォコム】 文書管理・情報共有システム 楽々Document Plus 【住友電工情報システム】 FileBlog(ファイルブログ) 【鉄飛テクノロジー】 オープンソースECM「NemakiWare」 【イージフ】 デジタルトランスフォーメーションの成功にAdobe Document Cloud 【アドビ システムズ 株式会社】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
企業内のドキュメント情報を一元集約化し、いつでもどこでも必要な文書の検索を可能にするドキュメント管理システム。ファイル暗号化により、情報漏洩対策も万全。 簡単登録、高速検索、高速表示、高セキュリティ。オフィス文書やPDFなど幅広いデータ形式に対応。ワークフロー機能も搭載。契約書管理やISO管理、e-文書法にも対応。 ファイルの検索性に優れたWebベースの文書共有システム。ファイルの画像プレビューや属性管理など、シンプルで高性能な仕組みを簡単に導入できるのが特長。 CMISに完全準拠した国産オープンソースECM(文書管理)システム。ニーズにあわせて自由な拡張・連携が可能。ユーザもシステム管理者も使いやすい、シンプルなECM。 デジタル変革のスタートは“紙に依存したプロセス”の脱却から

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063116


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ