日立、製造設備やプラントの保全管理を効率化する製品を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立、製造設備やプラントの保全管理を効率化する製品を提供


掲載日:2015/07/31


News

 株式会社日立製作所(日立)は、企業の製造設備やプラントに関する保全管理業務の効率性向上、企業設備管理の最適化を図れるソリューション「Hitachi Enterprise Asset Management」(Hitachi EAM)の提供を8月5日から順次開始する。

 「Hitachi EAM」では、企業の製造設備やプラントに対する予防保全業務での計画策定、意思決定や点検作業を支援するソリューション「Hitachi EAM for Asset Reliability」と、火力発電プラントへの設備管理システム導入を支援するソリューション「Hitachi EAM for Thermal Power Plant」が提供される。同製品を導入することで、設備資産に関する情報をシステム上で一元的に可視化できる上、熟練技術者の属人的な知見に依存しがちな予防保全業務を標準化でき、正確で効率的な保全管理を行なえるため、設備稼働率の向上とコスト低減を図れる。

 「Hitachi EAM for Asset Reliability」は、設備データメンテナンスツール「Asset Data Maintenance」(ADM)、設備保全計画ツール「Asset Strategy Management(ASM)」、設備状態管理ツール「Asset Reliability Management(ARM)」、設備点検管理ツール「Asset Inspection Management(AIM)」の4つのツールで構成され、既存の設備資産管理システムに追加することで、製造設備や各種プラントに関する予防保全業務の計画策定、意思決定、点検作業の高度化を図れる。

 「Hitachi EAM for Thermal Power Plant」では、企業の設備資産管理システムとして利用されている「SAP EAM設備資産管理ソリューション」を活用し、発電プラントの設備管理業務に関する欧米の関連ガイドラインなどの内容を踏まえて開発されたテンプレートを利用して、迅速な設備管理システム導入を支援する。同テンプレートは、欧米の原子力分野を中心にした発電プラント業界で策定されたガイドラインや設備管理モデルを活用したもので、導入する際には既存の業務プロセスに適合するよう、追加のカスタマイズを行なえるため、設備管理/作業管理/契約管理/在庫管理/調達管理といった各業務機能の統合管理を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ファシリティマネジメント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ファシリティマネジメント」関連情報をランダムに表示しています。

「ファシリティマネジメント」関連の製品

電流&環境監視ソリューション ラックエナジーキット 【パンドウイットコーポレーション】
ファシリティマネジメント
必要なハードとソフトがキット化されており、電流等の環境監視を手軽に始めることができるソリューション。既存のラックにダウンタイムなしでの導入が可能なタイプもあり。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063101


IT・IT製品TOP > 運用管理 > ファシリティマネジメント > ファシリティマネジメントのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ