日本HP、複数OSをサポートするエントリーシンクライアントを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、複数OSをサポートするエントリーシンクライアントを発売


掲載日:2015/07/30


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、タスクワーカーやDaaS(Desktop as a Service)などに適したエントリークラスのシンクライアント「HP t420 Thin Client」を発売した。

 「HP t420」は、予算の限られたプロジェクトでの導入や、設置スペースや動作音に制約のある業務での利用に適したシンクライアント。Linuxベースの独自OS「HP Smart Zero」「HP ThinPro」に加え、Windows Embedded 7搭載モデルが追加されている。全モデルでブラウザを無償で使用できる。

 ディスク/ファン非搭載で静音性に優れたスリムな筐体は、様々なオフィス環境でコンパクトなワークスペースを提供する。いずれのOSでもWi-Fiモデルを選択することで、すっきりとした配線でワークスペースを広く確保できる。無償のHPシンクライアント専用管理ソフトウェア「HP Device Manager」を使用することで、管理工数の削減を図れ、例えば、大量の導入機のトラッキング/管理/アップデートも数クリックで行なえるため、管理者は導入初期のキッティングや運用作業を迅速に行なえる。

 VESA規格に準拠し、別売りの「HPシンクライアント専用モニター」や「HP ProDisplay」の背面に取り付けることで、オールインワン設置を行なえる。ENERGY STAR準拠/EPEAT Gold取得/グリーン購入法準拠の、インテリジェント/高電力効率/低ハロゲン設計を採用していて、消費電力/コストの削減を図れる。有線接続ではギガビット・イーサネットを提供し、無線接続では802.11nをサポートしている(別売のオプション機能またはアドオン機能)。

 価格は、「SmartZeroモデル」が2万9800円、「SmartZero WiFiモデル」が3万1800円、「WES7モデル」が4万2000円、「WES7 WiFiモデル」が4万4000円。


出荷日・発売日 2015年7月30日 発売
価格 −−−

関連キーワード

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「シンクライアント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「シンクライアント」関連情報をランダムに表示しています。

「シンクライアント」関連の製品

HP Moonshot HDI シンクライアントソリューション 【アクシオ】 川口信用金庫が400台のPCをシンクライアントに移行した理由 【パラレルス】
シンクライアント シンクライアント
HDI(Hosted Desktop Infrastructure)は、継続したパフォーマンスを提供できるハードウェア占有型のシンクライアントソリューション。ネットワーク分離用途にも適用可能。 川口信用金庫が400台のPCをシンクライアントに移行した理由

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063056


IT・IT製品TOP > 仮想化 > シンクライアント > シンクライアントのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ