サイオス、VMware環境対応のITオペレーション分析ソフトを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サイオス、VMware環境対応のITオペレーション分析ソフトを発売


掲載日:2015/07/29


News

 サイオステクノロジー株式会社(サイオス)は、機械学習機能を搭載したITオペレーション分析ソフトウェア「SIOS iQ Standard Edition」を発売した。

 「SIOS iQ」は、成長し続けるビジネスやサービスを支援するシステムに対するニーズに対応するため、VMware仮想環境で稼働するシステムの最適化と問題解決を迅速化できるよう、機械学習技術を使用して開発された。「SIOS iQ Standard Edition」は、無償版の「SIOS iQ Free Edition」の機能に加え、VMware仮想環境の性能問題の原因分析と予測をする機能を搭載し、システムの性能問題の迅速な解決と未然防止を支援する。

 今回追加された性能問題の原因分析・予測機能は、従来の閾値(しきいち)に基づいた異常検出とは異なるアプローチを採用し、閾値やポリシーの設定不要で、問題解決手法と運用効率の改善を図れる。

 物理ホスト、ストレージ、仮想マシン、アプリケーションなど、システムを構成する全要素の振る舞いを24時間365日監視し、日常的な振る舞いと要素間の相関関係・相互依存性を学習し続けて、アノマリ(異常)を検出すると同時に原因分析を行なえる。また、vSphereのvFRCや各フラッシュ・ストレージ・メーカーが提供するフラッシュ・リード・キャッシュ機能で、システムの振る舞いを学習することで、キャッシュサイズとブロックサイズの最適値を分析し、設定を変更した場合の効果(IOPS/レイテンシー)を予測できる。

 PERCダッシュボードでは、性能(Performance)/効率性(Efficiency)/信頼性(Reliability)/キャパシティ(Capacity)の4つの指標で、VMware仮想環境を評価し、迅速・明快にシステムの堅牢性を把握できる。簡素な操作で、症状/影響範囲/原因/提案などの詳細な情報を参照できるため、俊敏に問題解決や最適化のアクションを取れる。また、Microsoft SQL Server専用拡張機能を備え、VMware仮想環境でSQL Serverを利用している場合、SQL Serverの振る舞いとその他の要素の相互関係を学習し、性能問題に関して、詳細な分析を行なえる。

 1物理ホストに1ライセンスを利用するサブスクリプション形式で提供され、価格は年額24万円。


出荷日・発売日 2015年7月28日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「パフォーマンス診断」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「パフォーマンス診断」関連情報をランダムに表示しています。

「パフォーマンス診断」関連の製品

健康診断と同様に仮想化基盤を明快に判定「仮想化健康診断」 【ソフトバンク コマース&サービス+他】
パフォーマンス診断
知らないうちに肥大化する仮想サーバ。放置するとリソースがすぐに枯渇する。この問題を解決するには定期的な“健康診断”が必要だ。実績豊富なサービスを紹介しよう。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063055


IT・IT製品TOP > 運用管理 > パフォーマンス診断 > パフォーマンス診断のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ