日立ソリューションズ、Salesforceの利用状況の見える化を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立ソリューションズ、Salesforceの利用状況の見える化を提供


掲載日:2015/07/29


News

 株式会社日立ソリューションズは、株式会社セールスフォース・ドットコムが提供するクラウドベースのCRMアプリケーション「Salesforce」のイベントログを、Splunk Services Japan合同会社のビッグデータ利活用基盤「Splunk」で分析し、利用状況を見える化するサービスの提供を開始した。価格は個別見積。

 「Salesforce」は、CRMやSFA(Sales Force Automation)を標準装備するクラウドベースのアプリケーションプラットフォーム。

 「Splunk」は、ビッグデータ利活用基盤“オペレーショナルインテリジェンス・プラットフォーム”として、Webサイト/アプリケーション/サーバー/ネットワーク/センサ/モバイル機器から生成されるマシンデータ(ログやテキストデータ)を、収集/インデックス化し、リアルタイムに検索/監視/分析/可視化できるようにする。ビジネスや顧客の理解を深め、サービスや稼働率の向上、コスト削減、サイバーセキュリティリスクの軽減を可能にする。

 今回、日立ソリューションズが提供開始するサービスでは、「Salesforce」の約30種類のイベントログとログイン履歴などのデータを「Splunk」で分析してアクセス状況や利用状況を見える化し、セキュリティ対策やIT運用業務の効率向上を支援する。

 システム構築支援として、サーバーに「Splunk」をインストールし、「Salesforce」のデータの取り込みを設定する。取得したログの分析結果をレポートやグラフで見える化するダッシュボードを標準で提供する。ユーザのニーズに合わせてカスタマイズ対応をし、ダッシュボードの作成やアラートの通知設定を行なう。

 そのほか、構築したシステムの利用方法や運用方法について、システムエンジニアがトレーニングを提供するほか、構築したシステムのバージョンアップや設定変更の作業に対してメールで支援する。


出荷日・発売日 −−−
価格 個別見積

「日立ソリューションズ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

データ活用時代に生き残るための、新たなデータ分析基盤戦略とは 【システムサポート+他】 デジタルマーケティングの鍵:アジャイル実践のための5つの要素 【SAS Institute Japan】 統合型CRMソリューション Visionary 【フュートレック】 クラウド型CRMサービス FlexCRM 【ノイアンドコンピューティング】 Microsoft Dynamics 365 【日立ソリューションズ】
CRM CRM CRM CRM CRM
データ分析に注目していても、その基盤を整えるためのコストや手間が障壁となっている企業は多い。しかし手の届くDWHがあれば、データ活用時代に競争力を増せるはずだ。 知っておくべきアジャイルマーケティング実践 5つのポイント 「顧客を知る」ための多彩な機能を備え、マーケティング施策の効果向上を支援するCRM(顧客管理)ソリューション。
O2Oに対応した機能により、店舗とECの統合管理が可能。
本格的なCRM/SFA(顧客関係管理)を、安価な月額料金で提供。顧客管理、販売管理、日報/案件、カスタマーサポートなど豊富なメニューから必要な機能を選んで利用できる。 セールス、カスタマーサービス、フィールドサービス、ポータルなど、カスタマーエンゲージメントを高めるマイクロソフトのビジネスアプリケーション。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063036


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ