FutureOne、基幹業務ソフトがインフォマートのB to B基盤と連携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


FutureOne、基幹業務ソフトがインフォマートのB to B基盤と連携


掲載日:2015/07/28


News

 FutureOne株式会社は、同社が開発、販売を行っている販売管理/生産管理/会計を中心とする基幹業務ソフトウェア「FUTUREONE」シリーズと、株式会社インフォマートの「BtoB(企業間電子商取引)プラットフォーム」がシステム連携をしたと発表した。

 「FUTUREONE」シリーズはERP/基幹業務システムを中心としたソリューションで、ランアップには、中堅企業向けの「FUTUREONE ERP」と中堅/中小企業向け基幹業務システム「FUTUREONEHyb」、業種特化販売管理システム「FUTUREONEIds」がある。

 「BtoBプラットフォーム」は、「BtoB電子請求書プラットフォーム」「ASP受発注システム」「ASP商談システム」「ASP規格書システム」の4つのサービスで構成され、企業間の商取引をWeb上で行えるシステム。

 「FUTUREONE」シリーズと「BtoBプラットフォーム」が連携することで、「BtoBプラットフォーム」で受注したデータを「FUTUREONE」シリーズに取り込み、出荷データを発送データとして取引先に送付することが可能になる。また、売掛データは「BtoBプラットフォーム」を通じて取引先に電子請求できるようになる。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 自社にとって最適なクラウドプラットフォームを選定するためには? 【KDDI】 取引先との大量のFAXのやりとり、クラウド化でどこまで改善できる? 【日本テレネット】 「興味ベクトル」で顧客の興味関心を発掘する、プライベートDMP活用術 【富士通株式会社】 最新デバイス解説:企業端末に必要なモビリティやセキュリティとは? 【VAIO】
開発ツール IaaS/PaaS FAXサービス データ分析ソリューション ノートパソコン
専門知識不要、簡単なマウス操作や表計算ファイル取込でWebデータベース作成、活用できるソフトウェア。検索・集計・グラフ化も容易。データへのアクセス権限設定も柔軟。 自社にとって最適なクラウドプラットフォームを選定するためには? 取引先との大量のFAXのやりとり、クラウド化でどこまで改善できる? 「興味ベクトル」で顧客の興味関心を発掘する、プライベートDMP活用術 最新デバイス解説:企業端末に必要なモビリティやセキュリティとは?
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063017



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ