セキュアソフト、様々な機能を追加できるセキュリティ機器を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


セキュアソフト、様々な機能を追加できるセキュリティ機器を発売


掲載日:2015/07/28


News

 株式会社セキュアソフトは、ネットワークセキュリティの機能強化を図った製品「SecureSoft Sniper ONE」を8月3日に発売する。価格は650万円から。

 「SecureSoft Sniper ONE」は、同社製品のIPS(不正侵入防御システム)技術を基盤に、従来それぞれ専用機として提供されていた高度な検知・防御機能(DDoS攻撃対策、VoIP対策、DHCP対策、DNS対策)や、高度化するセキュリティ対策に必要な機能(Regular Expression機能、HTTPS機能、Rate Limit機能)の様々なオプションを1台に搭載しながら高性能化されている。ユーザが求めるオプションだけを選択でき、コスト削減を図れるほか、導入後の機能追加も可能で、ビジネスの変化・拡大にあわせて対策を拡充できる。なお、オプションは今後も拡張が予定されている。

 “Anti-DDoS”では、TCP SSS/UDP SSS機能を利用することで、サーバーへの不要な通信負荷の軽減を図れる。“Rate Limit”では、通信を識別することで、静的・動的な帯域制御を図れる。“Regular Expression”では、正規化表現式を使用した高度なシグネチャを搭載でき、推奨シグネチャなどの提供が予定されている。

 “HTTPS”では、暗号化通信HTTPSを高速に復号化し、その他の機能との連携を図れる。“DHCP”では、DHCPサーバの防御や、DHCPサービスの停止を狙う攻撃に対しMACアドレスベースでの対策を行なえる。“VoIP”では、SIP(Session Initiation Protocol)をベースにした通話での盗聴・なりすまし・迷惑電話といった不正を検知・防御できる上、通話セッションの管理も行なえる。また、“DNS”では、DNS(Domain Name System)システムの停止を狙った攻撃に対し、DNSサーバを防御する機能を搭載できる。

 スループット1.5/3Gbpsの「ONE2000」、同2/4Gbpsの「ONE4000」、同20/40Gbpsの「ONE40G」が用意されている。


出荷日・発売日 2015年8月3日 発売
価格 650万円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「UTM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「UTM」関連情報をランダムに表示しています。

「UTM」関連の製品

FortiGate 【図研ネットウエイブ】 アプリ脆弱性に迅速に対応するインターネット分離後の運用管理 【ヴイエムウェア】 FEREC 【ネットスプリング】
UTM UTM UTM
ファイアウォールをはじめとした多彩なネットワークセキュリティを単一のアプライアンスで提供。独自開発プロセッサによる最高水準の性能と高コストパフォーマンスを両立。 インターネット分離だけで満足していないか? 分離後の対策を怠ると…… IDとパスワードによる「ユーザ認証」「アクセスコントロール」「ログ収集」を1台で実現するアプライアンスタイプのLANアクセス管理システム。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063008


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > UTM > UTMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ