インバースネット、Win 8.1とOffice標準搭載のタブレットを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


インバースネット、Win 8.1とOffice標準搭載のタブレットを発売


掲載日:2015/07/27


News

 インバースネット株式会社は、Windows/Microsoft Office装備のタブレットPC「FRT810」を発売した。

 「FRT810」は、セキュリティやネットワーク機能が強化されたWindows 8.1 with Bingと、Microsoft Office Home and Business 2013を標準搭載している。

 8.9インチIPS液晶タッチパネルを搭載し、画面は1920×1200ドットと、フルHDを超える解像度。広視野角なので斜めからでも閲覧できる。

 クアッドコアのAtomプロセッサZ3735F(1.33GHz)を搭載している。写真や動画をスムーズに閲覧できるほか、消費電力も低減されている。


出荷日・発売日 2015年7月24日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「タブレット」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「タブレット」関連情報をランダムに表示しています。

「タブレット」関連の製品

スタッフ研修のコストを削減、自主学習を促す仕組みの作り方 【インフォテリア】 付加価値の高いサービス基盤を効率よく整備する際に必要なこと 【東日本電信電話】 地銀の機動力とセキュリティを両立した、タブレット2000台導入プロジェクト 【富士通】 5年間で3割のコスト削減、焼津市役所のタブレット活用に学ぶ業務改革 【富士通】 重要情報をスマホで社内に確実に伝えるツールの条件とは 【インフォテリア】
タブレット タブレット タブレット タブレット タブレット
スタッフ研修のコストと時間を削減、空き時間の自主学習を促す仕組みの作り方 高齢者を含む一般消費者向け事業の成否は、いかに付加価値の高いサービスを提供できるかにかかっている。そのサービス基盤を効率よく整備する際に必要なことを考えていく。 銀行が安全とともに、機動力を手に入れる――タブレット活用 最前線 5年間で3割のコスト削減、焼津市役所のタブレット活用に学ぶ業務改革 “伝わる”情報共有をスマホで実現 重要情報を確実に伝えるツールの条件とは

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062991


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > タブレット > タブレットのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ